サービス

Webサイト・LP・バナー制作

Webサイト・LP・バナー制作

ネットワーク広告、リターゲティング広告、スマートフォン広告などのバナー、それらの受けページとなるランディングページ、そしてWebサイト、動画広告等のデザイン制作で10年以上実績と経験があるスタッフで対応します。

お困り事・お悩み事の例 Webサイト・LP・バナー制作において、こんなお悩みはありませんか?

  • ADネットワークを利用し始めたら、勝ちバナーの効果が短くなってきた
  • ネットマーケティングの経験が浅く、勝ちバナーが見つかっていない
  • 計画性の低いPDCAの結果、検証計画が行き詰った
  • 動画広告で思うような獲得単価に至っていない
ネット広告はスピーディーな効果検証が特徴です。
仮説→実施→勝ちバナーの成功方程式、のサイクルをいかに多く回し知見を集めるかが成功のキーとなります。

A. 旧来のマス広告的な進め方の場合

  • 自社の勝ちバナーをベースに
    他社を参考に企画を検討
  • 1本をイメージが合うまで出し戻し
    ブラッシュアップ
  • コストを抑えるため、制作本数は最小限
  • 商品分成果の良かったバナーを残し、
    悪かったものは使用しない
勝ちバナーを生み出せる可能性はあるが、狭い選択肢の中での結果となるため再現性が低く、次の勝ちバナーを生み出すことが困難な場合が多い

B. PDCAをベースにした進め方の場合

  • ターゲットを分類し、
    ターゲットに合わせた企画を検討
  • 仮説に合わせて複数案を制作するため、企画に沿っていれば細かいブラッシュアップはしない
  • 仮説を分類し、複数本を入稿。
    分類ごとに効果測定
  • 成果の良かったバナーを
    構造分解し、最善の組み合せを検討
要素の組合せやバリエーション、ターゲットごとの訴求など、複数を検証できるため、「なぜ効果が出たのか」をモデル化することにつながる。短期間に勝ちバナーを見つけ、成果を長期間維持しやすい

ターゲット分析

ターゲットはPDCAを意識して4象限にMECE分類します。ターゲットの属性や興味ではなく、ネット上の行動や検索ワードのインサイトを掘り下げることが特徴です。

ターゲット分析

モチベーション分析フレーム

思いつきで訴求を決めるのではなく、ユーザーのモチベーションに応じた必要情報を構造分解して設計することが、PDCAの結果を早くする鍵となります。

モチベーション分析フレーム
CASE01

リブランディングでターゲットを変更したコスメ商品のケース

ターゲット分析をキーに、新たな勝ちバナーを創出

1. 訴求軸を明確に立てる

リブランディング後、30・40代にターゲットをシフト。ブランドの出したい世界観を保ちつつ、効果改善が課題

2. 検証を立てる

1の訴求をもとに
・今まで効果の良かった要素
・他社の効果の良かった要素
・ネット/化粧品業界の状況
検証を立てる

3. 勝ちバナーを創出

訴求×デザインの勝ちバナーを創出し、Y!ブランドパネルにて展開した結果、高い効果を獲得

CPO10,000円→6,000円に改善
CASE02

獲得率が伸び悩んでいたエステサービスのケース

LPヒートマップ検証で課題発掘→LPのコンテンツアップ

1. 離脱ポイントの発見

LPヒートマップ検証ツール「クリックテール」にて、読了率を測定

2. コンテンツの拡充

ページ下部で離脱が多い箇所を発見。離脱後はWebサイトに遷移し、さらに情報を読み込んでいる行動だったことが判明

3. 離脱率が改善

LP側にWerbサイトと同様のコンテンツをダイジェストに配置し、一次情報としてひと通りLP内で取得できる情報を充実させた

読了率110%改善、CVR3.71%→4.43%に120%改善
CASE03

獲得単価の高騰に悩んでいた新築マンション販売のケース

複数要素を組み合わせた多変量分析で解決

企業名を記載
企業名を記載

CTR:0.10%
CVR:0.19%

物件名を記載
物件名を記載

CTR:0.14%
CVR:0.24%

両方を記載
両方を記載

CTR:0.18%
CVR:0.23%

CTR0.10%→0.18%に改善
CASE04

従来の勝ちバナーの効果が減少してきたサプリメント商品のケース

大量検証+要素分析で短期間に勝ちバナーを創出

1. 多数のアイディアを実施

全国のデザイナーネットワークから、100案を超えるバナー案を収集。DSPにて複数配信して検証

2. 効果の良いバナーを分析

効果の良いバナーを要素ごとに分類。今度は勝ち要素に限定したバナーを作り、多変量分析を実施

3. 勝ちバナーを創出

Cookieの有効期限ごとに異なる勝ちバナーを発見

CPA3,000円→1,800円に改善
CASE05

ネット動画広告で成果がなかなか出なかったネット証券サービスのケース

スペックの羅列から、課題~解決のストーリーに変更

1. 特徴の訴求羅列が元

自社サービスの強み、競合の特徴、いかに利用者にメリットがあるか等、スペックの羅列に終始した動画だった

2. AtoOneメソッドで再構築

1. ユーザーメリットをテキストだけでなく画像で詳細に説明
2. 強みを「スペック羅列」から「悩み→解決」の流れで表現
3. 全体の尺を短縮

3. 両方を記載

大幅な効果改善を実現

CTR:120%
CVR:370%
CPA:125%

CPA125%改善
WEBでのお問い合わせはこちら WEBでのお問い合わせはこちら