景気の上昇と下降の棒グラフと矢印

作りっぱなしはもうNG!YouTubeチャンネルの伸ばし方を徹底解説!

景気の上昇と下降の棒グラフと矢印

YouTubeチャンネルを開設したものの、「YouTubeチャンネルが伸びない…」という方も多いのではないでしょうか。今回はそんな方に向けて、チャンネルを伸ばす方法を具体的にご紹介していきます。YouTubeを始めたばかりの初心者の方にもわかりやすく解説していますので、ぜひ参考にしてください。

目次

YouTubeチャンネルの登録者数が伸びない!

困り顔の女性

「せっかくYouTubeチャンネルを開設したのに、登録社数が全然伸びない…」とお悩みの方は多いのではないでしょうか。結論を言うと、YouTubeのチャンネルを伸ばす上で大切なのは「自分のチャンネルや、類似するチャンネルをしっかり分析して、足りない部分を改善していくこと」です。

今まで出した自分の動画を出しっぱなしにしておかず、「どんな人が見てくれているか」を分析することで次の動画に活かすことができ、それが動画再生数やチャンネル登録者数の増加に繋がります。

次の項目から、「なぜ自分のチャンネルは伸びないのか?」という分析方法や、改善策を詳しくご紹介していきます。すぐにはじめられるものも多いので、是非チェックしてくださいね。

伸びないYouTubeチャンネルの特徴

緑のチェックマークと木の枠

この項目では、伸びないチャンネルの特徴をご紹介していきます。当てはまるものがあれば改善して、チャンネル数や動画視聴数をアップするチャンスなのでぜひチェックしてくださいね。

伸びないチャンネルの3大特徴はコレ!

動画のサムネイルが見にくい

動画のサムネイルは、「この動画を見ようかな?」と思うきっかけとなる大切な要素です。サムネイルに書かれている文字が小さすぎたり、動画の内容がわかりにくいものだと、「おすすめ」欄に出ていてもスルーされてしまいます。

動画の数が少なすぎる

YouTubeを始めたばかりだと、どうしても動画の数は少ないものです。動画が少ないと、人の目に触れる回数も減ってしまうので、チャンネル登録者数も伸びにくいです。コツコツ動画を増やしていくことが大切です。

需要がなさすぎるジャンルの動画ばかり投稿している

YouTube動画は、視聴者が「見たい!」と感じて初めて再生して貰えるものです。コアなジャンルであっても、需要があれば見てもらえますが、あまりに需要が低いジャンルだと、見てくれる人の数も限られてきます。では需要があるジャンルとは何か?については、「YouTubeチャンネルはどうすれば伸びる?」で詳しく説明しています。

当てはまるものはありましたか?もし、この中の項目に当てはまるものがあれば、積極的に改善すればチャンネル登録者数や動画視聴回数アップが望めます。

人気があるYouTubeチャンネルの特徴は?

さきほどは「人気のないYouTubeチャンネルに多い特徴」をご紹介しました。それでは反対に、人気のあるYouTubeチャンネルはどんな特徴があるのでしょうか。

人気のYouTubeチャンネル「HikakinTV」を例にあげてみましょう。Hikakinさんといえば、子供から大人まで、幅広いユーザーに愛されているYouTuberです。彼のYouTubeチャンネルの特徴をいくつかあげていきます。

更新頻度が高い

Hikakinさんを含め、人気のYouTubeチャンネルを持っている方は動画の更新頻度が高い傾向にあります。動画の数が増えると、それだけ視聴者の目に触れる機会が増えます。「毎日更新」をしているチャンネルもありますが、自分の無理のない程度に、コツコツ動画を増やしていくと良いでしょう。

視聴者が見たいものを作っている

なぜ視聴者が動画を見ているかというと、「その動画を見ることでメリットを得られる」からです。

たとえばHikakinさんの場合、「最新の○○を使ってみた」などの商品紹介や、検証動画など、視聴者が気になっている最新のもの、話題のものを積極的に取り入れていることがわかります。自分の動画をみてくれている視聴者はどんなものを望んでいるのか?視聴者のニーズを常に考える必要があります。

特定のジャンルに力を入れている

Hikakinさんは、メインチャンネルで「日常動画」、別のチャンネルで「ゲーム実況」をされています。ジャンルごとにチャンネルを作ることで、そのチャンネルの特徴がより際立つことになります。また、ジャンルを絞ることで、特定の視聴者が定着しやすい傾向にあります。

チャンネル登録者数が伸びているYouTubeチャンネルの特徴を3つご紹介しました。そのほとんどが、伸びないチャンネルの特徴とは逆の内容だったかと思います。また、今回はHikakinさんを例に出しましたが、自分の憧れているYouTuberなどの特徴を考え、自分のチャンネルに取り入れるのも、チャンネルを伸ばすために効果的な手段です。

YouTubeチャンネルを分析しよう

様々なグラフなどを前に分析する男性

冒頭にも説明しましたが、YouTubeのチャンネルを伸ばす方法は「自分のチャンネルと、類似するチャンネルを分析し、足りないところを改善する」ことです。

ここでは、YouTubeアナリティクスを使って「どこを改善すべきか」「どのような動画が自分の視聴者に好まれるか」を分析する方法をご紹介します。

YouTubeアナリティクスとは

YouTube公式のアクセス解析システムです。自分の動画を見ている人の年齢層、傾向などを確認できます。自分の動画の傾向や、どの時間帯に見られているかを確認し、視聴者が何を好んで見ているのかを認識しましょう。

<YouTubeアナリティクスの使い方>

  1. YouTubeアナリティクスにアクセスするために、まずYouTube Studioにログインします。
  2. YouTubeチャンネルを持っている人は、YouTube Studioを使用することができます。
  3. ログイン後、左にあるメニューから「アナリティクス」を選択します。

YouTubeアナリティクスを使った分析方法

実際に、YouTubeアナリティクスを使った分析方法をご紹介します。YouTubeアナリティクスで確認できる項目ごとに、分析方法と改善方法をまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

リーチ

【この項目で分析できること】
自分の動画を視聴した人が、どこで自分の動画を見つけたかを確認することができます。この数値が低い人は、YouTubeや他サイトで自分の動画が露出していないということです。露出していないということは、当然動画をクリックして視聴してくれる人も減ります。

【改善方法】
動画がネット上に露出する機会を増やしていきましょう。次の項目「どうすればYouTubeチャンネルは伸びる?」の「SNSを活用する」「タグを設定する」を参考にしてください。

エンゲージメント

【この項目で分析できること】
動画1本あたりの合計視聴時間、平均視聴時間が表示されます。動画が合計10分あるのに、平均視聴時間が1分だった場合、視聴者は動画を見てわずか1分で動画を閉じてしまったことになります。

【改善方法】
動画を最後まで見てもらえる工夫をしましょう。動画の時間が長すぎると感じた場合は、思い切って10分動画を5分にし、見て欲しいポイントだけを詰め込むようにします。そうして平均視聴率の伸びを見つつ、伝える内容を工夫していきましょう。

視聴者

【この項目で分析できること】
視聴者の年齢や性別、視聴者が動画を見る時間帯が表示されます。想定しているユーザーの視聴割合を確認し、思っている視聴層でなければ、改善の余地があります。

【改善方法】
動画のテイストを変えつつこまめに視聴年齢層をチェックすることで、よりターゲット層から視聴されやすくなります。YouTubeアナリティクスに関するその他の詳しい説明は、YouTube公式ヘルプに5分程度の動画が投稿されていますので、気になる方はチェックしてください。

YouTube Studio アナリティクスの概要

YouTubeアナリティクスで分析を行うことで、自分の動画はどうの年齢層に好まれるのか、どんな人が好んで見ているのかを知ることで、視聴者に寄り添った動画を制作するヒントになります。

他のYouTubeチャンネルの分析方法

先程はYouTubeアナリティクスを使用した方法をご紹介しましたが、対象が「他のYouTubeチャンネル」の場合は、YouTubeアナリティクスでの分析ができません。そこで、YouTubeアナリティクス以外で「他のYouTubeチャンネル」を分析する方法をご紹介します。

とは言え、具体的にはどんな人チャンネルを分析すればいいのでしょうか?おすすめは、以下の項目に当てはまるチャンネルです。

  • 自分と同じジャンルの動画を投稿しているチャンネル
  • 自分が目指している、憧れているチャンネル
  • 登録者が多いチャンネル

対象チャンネルが決まったら、さっそく分析してみましょう。分析するチャンネルは、多いと混乱してしまうため、最初は1~3つほどに絞ることをおすすめします。

対象チャンネルの伸び率をチェックする

「YTCount」というアプリを使えば、対象チャンネルの登録者数の伸び率をグラフで確認することができます。できれば毎日確認して、チャンネル登録者数が大きく伸びた時点で、直近の動画をチェックします。すると「どの動画で登録者が伸びたか」を確認することができます。毎日確認していると、「この動画は伸びそう」「これは伸びなさそう」という感覚が掴めるようになります。その感覚を自分の動画にも活かすことができるので、おすすめの分析法です。

対象チャンネルの動画の視聴者コメントを見て、「いい評価」「悪い評価」を見る

動画のコメント欄から「いい評価」「悪い評価」を探しましょう。「いい評価」は、自分も取り入れることができますし、その人の「悪い評価」は「じゃあ自分はこうしよう」というヒントになります。

ファンの目線で「もっとこうすれば面白いのに…」を取り入れる

自分が対象チャンネルのファンであれば、「もっとこうすれば面白いのに…」というファンならではの感想が浮かびます。その感覚を大切に、自分の動画に取り入れてみましょう。

どうすればYouTubeチャンネルは伸びる?

HOW TOのブロックを運ぶおもちゃの車

冒頭でご説明したとおり、YouTubeチャンネルを伸ばすには「自分のチャンネルに足りないものを分析して、改善していく」ことが大切です。分析の方法は、前の項目でご説明したとおりです。自分のチャンネルに足りない要素が見つかったら、改善に務めてみましょう。ここでは、「改善策」の具体的な例をいくつかご紹介します。

動画にタグを設定する

動画にタグを付けることで、検索にひっかかりやすくなります。たとえば動画の内容が「最新の化粧品を使ってみる動画」なら、その動画に興味のある人が検索しそうなワード「最新」「化粧品」「ブランド名」などをタグに設定します。

SNSで情報を発信する

自分の動画をより多くの人に知ってもらうために、SNSを活用するのもひとつの手です。たとえば、ツイッターで動画の一部をアップしてみましょう。興味をもった人が、Twitter経由で動画を見に来てくれる場合があります。SNSで視聴者と交流することも、チャンネル登録者を獲得する秘訣です。

ジャンルを固定する

チャンネル内に色々な動画が混ざっていると、視聴者も分散してしまい、なかなか定着しません。たとえば、「ゲーム実況専門にする」「料理専門にする」「釣り専門にする」など、力を入れるジャンルをひとつ決めて運営すると、特定の視聴者がつきやすい傾向にあります。もし、複数ジャンルに手をつけたい場合は、「再生リストにわかりやすく動画をわける」または「ジャンルごとに別チャンネルを開設する」というのもひとつの手です。

字幕機能を利用する

YouTubeの字幕機能は本来、海外の方でも動画を楽しめるための機能ですが、「日本語の動画を日本語で文字起こしして登録」しておくことで、動画の内容が文字で認識され、検索ワードにひっかかりやすくなります。

チャンネルを伸ばすために知識をつけてみる

YouTubeチャンネルを伸ばすために、動画作りやYouTubeのシステムについて学ぶのも良いでしょう。具体的な勉強方法は次の項目で解説しています。

YouTubeチャンネルを伸ばすために、勉強してみよう

分厚い本とノートパソコン

この項目では、チャンネル動画を伸ばすための「動画制作のコツ」や「チャンネル登録者数アップの秘訣」を学ぶ方法をご紹介しています。

YouTubeの公式サイトで学ぶ

YouTubeの公式サイト「Creator Academy(クリエイター アカデミー)」では、「動画のアップロード方法」などの基礎的なところから、「チャンネル認知度の上げ方」を学ぶことができます。短い動画を通してひとつずつ学ぶことができるので、初心者の方にもおすすめです。

アクセス数が高い人が投稿している「勉強動画」を見る

チャンネル数が多い動画投稿者が「チャンネルの伸ばし方」「自分がやっていること」を紹介している動画が数多くあります。チャンネル数が多い方のおはなしなので、何より説得力があります。ぜひ一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

まとめ:「結局はトライ&エラー」

「TRIAL & ERROR」とペンで書く

さて、これまで「自分のYouTubeの分析」「他のYouTubeチャンネルの分析」「具体的な改善方法」などをご紹介してきました。

YouTubeチャンネルを伸ばす方法を簡単にまとめてみましょう。

  • 「伸びないYouTubeチャンネルの特徴」に当てはまっていないかチェック
    →当てはまることがあれば改善する。
  • 「自分のYouTubeチャンネル」の視聴者の傾向などを分析
    →視聴者の年齢、好みにあったコンテンツを取り入れるなど、自分のチャンネルならではの工夫をする。
  • 「他のYouTubeチャンネル」の傾向やファンの意見を分析
    →見習うべきところがあれば自分の動画にも取り入れる。
  • YouTubeのチャンネル作りや動画作りについて勉強してみる

上記のように、「分析して問題点を洗い出す」→「改善」をコツコツ繰り返すことによって、チャンネル登録者数を伸ばす効果が期待できます。大切なポイントは、「改善すべき問題点は何か」を的確にあぶり出すことです。試行錯誤を繰り返しながら、自分にあったチャンネル運営方法を見つけていきましょう。

WEBでのお問い合わせはこちら