ぼかしが入ったオフィス風景の写真

Youtuberにも事務所があるの?事務所に入るメリット・デメリットとは?

ぼかしが入ったオフィス風景の写真

4Gやスマートフォンの普及によって、動画プラットフォームは世界中で急速に普及しました。特にYoutube動画プラットフォームのビジネスモデルとして大成功を収めており、Youtubeからの広告収入によって生計を立てるYoutuberという職業を生み出しました。

Youtuberの増加によって生まれたのが、YoutuberのマネジメントやサポートをするYoutuber事務所です。当記事ではYoutube事務所について、所属するメリットやデメリット、代表的な事務所の紹介などをしていきます。

Youtuberの事務所とは?

動画撮影の機材をセッティングする男性

Youtuber事務所は、Youtube上に動画投稿するクリエイターであるYoutuberが所属する事務所のことです。Youtuberは基本的に個人事業主であり、事務作業や企業案件の折衝などを自ら行っている人が大多数になります。

可能な限り多くの動画を制作し、収益を増大させたいYoutuberとしては、上記のような作業は時間的なコストとして大きな障害になることが多いです。

Youtuber事務所は、所属Youtuberからチャンネル収益の一部を受け取る代わりに、収益化や著作権問題などの事務的な作業や、企業案件の営業などを代行し、さらなる事業拡大をサポートします。

Youtuber事務所に所属するメリット

芝生の上の英語文字ブロック・MERIT

Youtuber事務所に所属するメリットは以下の通りです。

  • 企業案件が増える可能性がある
  • 事務作業を代行してくれる
  • 他のYoutuberとコラボしやすくなる
  • イベント開催や物販などを行うことができる

メリットとしては、クリエイターが動画制作に集中できるようになる他、イベントへの出演やグッズ販売など、Youtube以外の収入の窓口が増える可能性があることが挙げられます。詳しく見ていきましょう。

企業案件が増える可能性がある

Youtuberの収益には、Youtubeのシステム上の広告収入だけでなく、企業から直接商品紹介などの案件をもらい、動画を制作するというものもあります。個人Youtuberの場合、企業案件の獲得は企業側からのアプローチを待つことになることが多いです。

しかし、Youtuber事務所の場合、所属Youtuberを商材に企業に対して積極的な営業をかけつことができます。事務所が獲得した案件とクリエイターのチャンネルのユーザー層がマッチングした場合、企業案件として事務所を通して依頼が入る可能性があるので、個人の場合よりも案件獲得の機会を見込むことが可能です。また、企業との値段交渉や事務連絡を代行してくれるので、案件に関するやり取りで時間を取られないことも大きなメリットといえるでしょう。

事務作業を代行してくれる

Youtuber事務所に所属すれば、動画制作以外の事務作業を代行してくれます。特に収益化に関する作業やチャンネル内の動画の整理、著作権に関する作業を代行してもらえば、クリエイターは動画制作に集中することが可能です。加えて、企画や出演交渉なども支援してくれるので、動画撮影までの作業をスムーズに行うことができます。

また、動画制作に必要な画像素材や音源の提供や、機材の貸出や編集代行を行っている事務所も多いです。動画の撮影や編集に集中したい人にとっては、事務所作業は大きなメリットになるでしょう。

他のYoutuberとコラボしやすくなる

Youtuber事務所に所属すれば、同じ事務所に所属している他のYoutuberとコラボしやすくなります。同じ事務所に所属しているYoutuberであれば、事務所つながりというきっかけを利用してコラボの交渉をすることが可能です。

また、事務所に所属しているという括りでの大型コラボ企画などを行っている人も多く、事務所所属Youtuber特有の動画制作をできるようになるのも大きなメリットになります。事務所に所属したことで他事務所のYoutuberとコラボしにくくなるということもないため、コラボ企画の機会を増やしたい人は所属を検討してみても良いでしょう。

イベントや物販などを行うことができる

Youtuber事務所では、所属Youtuberを出演者とした大規模なイベントを開催することもあります。イベントに出演すれば出演料をもらえるだけでなく、物販による収益を得ることも可能です。また、Youtuberが自らイベントを開催する際にもサポートを受けることができます。イベントの自主開催は場所の確保や企画立案、宣伝や人員の募集など、本番以上に準備作業が大変なので、イベント慣れした事務所側のサポートが受けられるのは嬉しいポイントです。また、物販についてはECサイトでも通販も可能なので、副収益として活用することができます。

加えて、個人の場合はグッズなどの在庫が住居のスペースを圧迫してしまったり、発送手続きなどに時間を取られてしまうことも考えられますが、事務所に所属していれば代わりに在庫管理や発送もしてくれるので、本業である動画制作の妨げになりません。以上のことから、Youtube以外にも活動の幅を広げたい人にとっては、事務所への所属は大きなメリットになるでしょう。

Youtuber事務所に所属するデメリット

木製ブロックでノートにデメリットの単語

Youtuber事務所に所属することはメリットばかりではありません。Youtuber事務所に所属するデメリットは以下の通りです。

  • マネジメントフィーが発生する
  • 動画にNGが入ることがある
  • 確実に登録者数が増えるわけではない

特に、収益の一部を支払う必要があることと、動画制作の自由度が減る可能性があることは、大きなデメリットになるといえるでしょう。

マネジメントフィーが発生する

先述したように、Youtuber事務所はYoutuberをサポートする代わりに、マネジメントフィーを徴収しています。つまり、事務所に所属することで、動画の再生回数あたりの収益が減ってしまうということです。マネジメントフィーは割合で定められていることが多く、収益が多いYoutuberほど事務所に徴収される金額が大きくなります。

UUUMなどの大手事務所の場合、マネジメントフィーは20%に設定していることが多いです。メインの収入減が広告収入であるYoutuberとしては、収入が減ることは大きなデメリットになります。

しかし、企業案件が増える可能性があったり、煩雑な事務作業を自分で行う必要がなくなることを考えると、マネジメントフィーを支払う意味は十分にあるといえます。マネジメントフィーと受けられるサポートを比較し、どちらの方がメリットがあるかを考えることが、事務所所属を検討する際に重要です。

動画にNGが入ることがある

事務所に所属すると、動画の内容によっては事務所NGが入ることがあります。事務所に所属すると、個人の場合とは違い、運営企業のコンプライアンスを遵守しなければありません。よって、公序良俗に反するものや法律に抵触する可能性があるもの、特定の個人を批判するような動画などに関しては、事務所側からNGを受ける可能性が高いです。

動画内でデリケートな話題を扱うことが多いYoutuberの場合は、動画制作の自由がなくなってしまう可能性があるので注意しましょう。

確実に収益が増えるわけではない

Youtuber事務所に所属したからといって、確実に動画再生回数や登録者数が増えるわけではありません。事務所所属は社員契約ではないので、所属後もYoutuberは個人事業主として活動することになります。つまり、事務所に入ったからといって収益が保証されるわけではなく収益が上がるかどうかはあくまで個人の頑張り次第となるのです。

とはいえ、イベントの参加やコラボの増加に加え、事務所側から動画制作のアドバイスをもらうことで、再生回数や登録書数が増加する可能性は十分に考えられます。事務所に所属すれば収益が上がると安易に考えている人は、事務所所属を再検討したほうが良いでしょう。

Youtuber事務所を紹介

Youtuber事務所に所属するメリットとデメリットが分かったところで、日本に存在する主なYoutuber事務所を紹介します。

当記事で紹介するYoutuber事務所は以下の通りです。

  • UUUM
  • VAZ
  • E-DGE
  • Kiii

いずれも日本を代表するYoutuberを擁する大手のYoutuber事務所になります。それぞれ見ていきましょう。

UUUM

UUUM

「UUUM」はHIKAKINやはじめしゃちょーなど、名だたるYoutuberが所属しているYoutuber事務所です。2013年の設立からわずか4年で東証マザーズ市場に上場しており、急速に事業拡大を行っています。Youtuberを出演者に据えたイベントに開催にも積極的で、年に1回のペースで「U-FES」という大規模イベントを行っているのも特徴です。

Youtuberの教育にも熱心で、「UUUMネットワーク」という若手Youtuber向けの支援サービスも行っています。日本のYoutubeビジネスを牽引する、日本を代表するYoutuber事務所といえるでしょう。

VAZ

VAZ

「VAZ」はスカイピースやぷろたんなどを擁するYoutuber事務所です。Youtuberに限らないインフルエンサーマーケティングを行っている企業で、インスタグラマーやTikTokerなども所属しています。また、所属クリエイターのイベント開催やメディア出演をサポートする部門もあり、クリエイターの活動の幅を広げる活動を積極的に行っているのが特徴です。幅広いインフルエンサーマーケティングを行っている、安定感のある事務所といえるでしょう。

BitStar

BitStar

「BitStar」は はらぺこツインズやガブりえるなどが所属するYoutuber事務所です。インフルエンサーマーケティングに必要な基盤を設け、クリエイターが実力を最大限発揮できるような環境づくりに力を入れており、クリエイターのマネジメントだけでなく、自社で番組を制作するなど、新たなコンテンツ制作にも力をいれています。

また、独立したデータマーケティング部門を持っており、所属Youtuberから得たデータ基に合理的なチャンネル育成を行っているのも特徴です。Youtube以外にも活躍の場を広げたい人におすすめな事務所といえるでしょう。

Kiii

Kiii

「Kiii」は2017年に設立された比較的新しいYoutuber事務所です。ブライアンやきまぐれクック、ラファエルなどが所属しており、新しいながらも強力な影響力を持っています。「Kiii」の特徴は、他の事務所に比べてコンプライアンスが厳しくないことです。結果的に動画制作における制限は少なく、比較的自由に動画を制作できます。設立から順調に成長しており、今後が期待できる事務所です。

Youtuber事務所の入り方

道路に書かれたGOの文字

Youtuber事務所に入るには、公式ページからの応募かスカウトが基本になります。現在、当記事で紹介した事務所の中で公式ページからの応募を受け付けているのは、「UUUM」と「Kiii」のみです。「VAZ」と「E-DGE」については応募ページが存在しないので、どうしても応募したい場合はお問い合わせフォームから直接連絡をとることになるでしょう。

「UUUM」では「UUUMネットワーク」に応募することが可能で、「UUUMネットワーク」に所属した上で実績を納めると正式に「UUUM」所属となります。

「Kiii」の場合は、問い合わせフォームから応募が可能です。フォームのページ上にクリエイター応募に関するQ&Aが設置されているので、熟読し、納得した上で応募するようにしましょう。

まとめ

Youtuber事務所についてお話ししてきました。Youtuber事務所に所属することで。企業案件を獲得できる機会が増えたり、イベントや物販など、Youtube上以外での活動ができる機会に恵まれる可能性があります。また、動画制作に付随した事務作業の代行や、企画立案の支援などのサポートも受けられるので、より動画制作に集中することが可能です。

ただし、事務所に所属することで収益に応じたマネジメントフィーを徴収されるので、収益の効率性が落ちてしまいます。そして事務所のコンプライアンスに違反すると動画にNGが出る可能性があるので、自由に動画制作したい人は注意が必要です。

事務所への所属を検討しているのであれば、メリットとデメリットを天秤にかけ、自身にとって事務所所属がメリットになるかを十分に吟味するようにしましょう。

WEBでのお問い合わせはこちら