複数色からなるホログラフィックイメージ

【2020年度最新版】Webサイトの配色に迷っている人必見!トレンドカラーを採用すれば好印象に!

複数色からなるホログラフィックイメージ

ユーザーにとってWebサイトのデザインは重要です。とくに配色はWebサイト全体の第一印象を決定づけるため、どんなカラーを採用するかでユーザーのページ滞在時間が左右されることもあります。どんなカラーを採用すればよいか分からないという人は、その年のトレンドカラーに目を向けてみてはいかがでしょうか?

トレンドカラーはその年の世相や人々の希望を反映させており、メッセージ性が強いもの。とくに2020年のトレンドカラーは多くの人に馴染み深い色であるため、Webサイトに採用しやすいでしょう。

「せっかくWebページを作るなら流行をおさえた配色にしたい」「使う色によって相手にどんな印象を与えるのか分からない」そんな人はぜひチェックしてみてください。

トレンドカラーとは?

インテリア用に色を選択する

トレンドカラーは、その年を象徴する流行色として1年間あらゆる業界で使用されます。ファッション業界やメーカー業界など、とくに流行に敏感な業界は積極的に商品に取り入れている印象です。Webサイトや広告など、メッセージ性があるものにも採用されている傾向があります。

業界の売上やイメージに大きな影響を与えるトレンドカラーですが、実は国際的な組織である『PANTONE』と『JAFCA』によって毎年異なる色が選出されているのです。トレンドカラーが定められるまでの流れと世の中に対する働きについてご紹介します。

トレンドカラーを決めている組織は『PANTONE』と『JAFCA』

PANTONEはデザイン業界にいる人であれば誰もが知っている米国の有名企業です。発売している色見本帳はアパレル・印刷・工業製品・ウェブデザインなど、色を専門的に扱う業界で共通基準として幅広く使用されています。

一方のJAFCAは正式名称を「一般社団法人日本流行色協会」といい、日本国内市場向けのカラートレンドを決定する組織です。JAFCAの選ぶトレンドカラーは、国内業界にあてたものというわけではなく、その年の日本のシンボルという意味合いが強いです。

どちらの組織もカラートレンドの方向性を決める会議『インターカラー(国際流行色委員会)』に出席しています。会議では特定の1色を選出するわけではありません。世相や次の世代の世界観、配色や素材について広く話し合うのです。

実際のシーズンの2年前からインターカラーは行われています。JAFCAによる国内市場向けのカラートレンドについては実際のシーズンの1年半前にインターカラーの決定をもとに提案がなされます。

なぜトレンドカラーは2年前に決められるのか

世の中に出回る商品は、企画提案から制作、さらに市場に出回るまで長い時間がかかります。アパレル業界やメーカーなど、各業界の事情を考慮して2年先のトレンドカラーを決めて制作を開始しなければならないのです。2年先の流行を定めていることから、トレンドカラーは必ずしも流行するとは限りません。世相の変化により予想が外れ、人々に浸透しないということもあり得るのです。

とはいえ、世界14カ国の代表が集まり、インターカラーの会議を経て決定したトレンドカラーには強い影響力とメッセージ性があります。各業界が商品にトレンドカラーを採用することで、徐々に人々に親しまれていくのです。

2020年のトレンドカラーとは

2020年の色を写したスマートフォンと色見本

トレンドカラーが選出された理由には、世の中に対するメッセージが強く込められています。世相や人々の欲求、技術進歩などを基に、その年のイメージカラーとして選ばれるのです。

2020年のトレンドカラーにはどんな色が発表されたのか、どういった理由で選ばれたのかをご紹介します。トレンドカラーに込められたメッセージに共感したり、自分のWebサイトのコンセプトに合っていると感じたりしたなら、採用を検討してみてはいかがでしょうか。

PANTONEはトレンドカラーとして『クラシックブルー』を発表

2020年のトレンドカラーとしてPANTONEが選んだのは『クラシックブルー』です。深みのある落ち着いた色であり、見る人に知的な印象を与えます。PANTONE自身も、クラシックブルーに対して「集中力の向上」「レーザーを思わせる明晰さ」「思慮深さ」「回復」といったイメージを定義しています。

クラシックブルーは、テクノロジーが急速に進歩する世の中と、安定を求める人々の欲求を象徴して選ばれました。

使用する際にはカラーコードを参考にするとよいでしょう。

  • カラーコード:#014c86
  • RGB値:1, 76, 134
  • RGBA値:1, 76, 76, 1
  • HSV値:206, 99, 53

PANTON公式サイトには、クラシックブルーを採用したカラーパレットが掲載されています。デザインに迷った際に活用すれば自然と相性のよい配色に仕上がるでしょう。

カラーコードについて

PANTONEの色見本帳『パントン・マッチング・システム』では、それぞれに色番号が振られています。元々はデザイナーが印刷・染色時に正確な色を伝達する手段として採用されました。

人間の色彩認知能力は個人差があるため、色彩情報を伝達しようとしても完全に同じ色を再現するのは難しいものです。光の当たり方や印刷物の質感によっても印象は異なるでしょう。さらにはPCやスマホ・タブレットの機能や液晶の違いによっても色の見え方は大きく左右されます。

カラーコードを使うことで、色を見る人の個人差や状況、デバイスに左右されることなく正確に色を指定できるようになるのです。トレンドカラーをWebサイトに取り入れたいという人は、正確な色を使うために積極的に活用することをおすすめします。

JAFCAはトレンドカラーとして『ヒューマンレッド』を発表

JAFCAは2020年のトレンドカラーとして『ヒューマンレッド』を選びました。PANTONとは対照的な目にも鮮やかな赤色です。

デジタル化が加速する中でも人間らしく豊かな感情と、環境や社会が抱える問題に立ち向かい新しい未来を創造する人々の行動力への思いが込められています。さらには、2020年に開催予定だった東京五輪を前にした人々の高揚と日本国旗が表現されているのです。

残念ながら五輪開催は延期となりましたが、2年前にトレンドカラーを定めた時の人々の期待が込められていることが分かります。

カラーコードは以下の通りです。

  • カラーコード:#e50112
  • RGB値:229, 1, 18
  • RGBA値:229, 1, 1, 1
  • HSV値:4, 100, 90

2020年のトレンドカラーをWebサイトに活用する場合

各色にはもともとイメージを持っており、見る人によって与える印象や影響が異なります。狙っているターゲットや伝えたいメッセージに合わせてテーマカラーを採用すると、見る人に与える影響を最大化することが可能です。

クラシックブルーは思慮深さや組織の連帯感、安心感などを発信する場によく馴染む色です。Webサイトで使用するなら、人材採用ページやコーポレートサイト全体、ビジネス情報を発信するページで活用すれば、外部に安定感と信頼感を効果的に伝えられるでしょう。技術的なサイトであれば、流行の最先端やイノベーティブなイメージを抱かせるページになります。

ヒューマンレッドは情熱や人間の感情などを思わせる色です。相手に高い温度感をもって情報発信するときに効果的でしょう。もともと購買意欲を掻き立てる色でもあるため、商品のコンセプトページなど、見る人に強く印象付けたいものがあるときに採用してはいかがでしょうか。

トレンドカラーの限定感を大切にしたいなら

トレンドとは常に変化していくもの。せっかくWebサイトに採用するのであれば、元々トレンドカラーが持っている「期間限定感」を有効に使うというのもおすすめです。

色が持っている視覚効果を期待して通年使用するのも良いですが、今年の期間限定色としたり、2020年にまつわる情報をまとめたページのみに限って使用したりというのも一つの方法です。

2019年のトレンドカラーとこれまでの遷移

コーラルの色絵の具を筆で塗る

トレンドカラーには毎年異なる色が選出されます。その年の世相が反映されたものも多く、トレンドカラーの遷移を見ることで時代と人々の傾向を追うことができるのです。とくにJAFCAの選出したカラーは当時の日本の事情や国内の人々の抱える感情を反映しているため、共感できる人も多いかもしれません。

それでは早速、2019年以前のトレンドカラーは何色だったのか、どんな理由で選ばれたのかをみていきましょう。

PANTONEの選んだトレンドカラーは『リビングコーラル』『ウルトラバイオレット』

2019年にPANTONEが選んだのは『リビングコーラル』でした。生命力あふれる珊瑚のような明るく柔らかなカラーです。同社によるとリビングコーラルは「楽観的」「遊び心」を具現化したゴールドベースのピンク色であり、見る人の気持ちを高めてくれます。

SNSが急速に広がり直接的なコミュニケーションが減少していく中、実体験に基づいた関わりを活発にしていきたいという思いから選ばれたカラーです。

2018年には『ウルトラバイオレット』が選ばれました。紫は神秘性を象徴する色とされており、人々の新しい思考力や創造力で可能性を広げようという思いが込められています。時代の変化のうねりを感じ、未来への期待を表現したのではないでしょうか。

JAFCAの選んだトレンドカラーは『アウェイクニングオレンジ』『ビジョナリーミント』

JAFCAのトレンドカラーは日本国内向けであるため、時代ごとに日本の置かれている社会情勢に沿ってカラーを選ぶ傾向にあります。

2018年から2019年は、日本国内における企業のデータ改ざんやパワハラなどの社会問題が顕在化した時代であり、これを強く意識したカラー選出がなされました。

2018年には世の中に暗いニュースばかりが流れて人々が落胆・混乱するばかりでしたが、そんな中でも明るい希望を求める思いを『ビジョナリーミント』に託しました。柔らかく癒しを与えるミントカラーであり、疲弊した心身を回復させたいとする人々の思いを反映しています。

2019年には活発な印象を与える『アウェイクニングオレンジ』を選びました。「気づき」「覚醒」という意味が込められています。2018年度の社会の悪い部分を正し、人々が意志を持って次世代に踏み出していこうとするエネルギーを象徴しました。前年のビジョナリーミントと比較すると力強さのあるカラーであり、時間の流れを感じさせます。

トレンドカラーの今後の予測

クローズアップされた鳥の羽

2021年以降、どのようなカラーがトレンドカラーとして選ばれるのかを予測するのは簡単なことではありません。しかしながら、現在の世の中の状況や少し先の未来に予想される出来事、人々の思考の変化などがある程度のヒントになるでしょう。

ここでは現在から1~2年先の未来の状況を整理したうえで、トレンドカラーになりうる候補の色を『Key Colors for S/S 21』からいくつか挙げています。

2021年以降に関係する内容をWebに掲載したいという人は、テーマカラーとして検討してみてください。

次の時代の中心となるZ世代の存在

まずは、テクノロジーの目覚ましい発展と新しい世代の台頭に注目です。現在10代半ば~20代前半までの世代は、高速インターネットやスマホ・タブレットといったデバイス、ゲーム機器、SNSが当たり前の存在として育ってきました。次世代を象徴する存在である『Z世代』の人々はテクノロジーから大きな影響を受けます。情報収集や仲間との意見交換はSNSや動画コンテンツを用いており、常に新しい情報を吸収しているのです。

さらに、完璧は求めず自分だけのスタイルや幸福を求め、多様性を柔軟に受け入れる傾向があります。

PANTONEの分析する2020・2021年の世界情勢をヒントに

『パントン・カラートレンドセミナーA/W 2020/2021』では、「巣」を一つのキーワードにしていました。世界が激しく変化し動向が見えない中、人々は心から安心できる「巣」の存在を求めているとしているのです。巣とは特定の場所ではなく、風習や制約、人々のコミュニティも指しています。

さらに、現実とバーチャル、嘘と真実が曖昧で不確かな中で、人々はもっと本質に立ち戻ることを求めているのではないか、と考えているようです。

『Key Colors for S/S 21』が予測するトレンドカラー

トレンド予測サイト『WGSN』と色彩ガイド『Coloro』が協働する『Key Colors for S/S 21』は2021年を代表する5色を提案しています。

5Gの到来や人工知能をはじめとする次世代テクノロジーを象徴するのは、人工的な涼しさを感じさせる青色の『AI Aqua』です。

まだ見ぬ未来に対してのドキドキ感と緊張は緋色の『Oxy Fire』で表現しています。未知への冒険への期待を表すには、日光を思わせる柔らかい『Lemon Sherbet』が選ばれました。

世界共通の課題として真っ先に挙げられるのはアマゾンの森林火災です。人間の感情を安らかにしてくれる緑には『Quiet Wave』が選ばれました。2021年以降も重視され続ける色でしょう。

最後に、様々な色の理想的な組み合わせの結果として『Good Gray』が提案されました。青みがかった灰色は、落ち着きと専門的な感覚を表現しています。予想もできない未来でも、人々が冷静に受け入れられるようにと選ばれました。

まとめ

色見本

Webサイトやアプリなどをデザインしていてテーマカラーに迷ったら、トレンドカラーの採用をおすすめします。特に今年は人々にも親しみのあるカラーが選ばれているため、使い勝手もよいでしょう。

トレンドカラーは日本のみならず世界情勢を考慮して選ばれています。色がもともと持っている印象をうまく活かすのもよいですが、トレンドカラーの持つ強いメッセージに共感したなら、使ってみてはいかがでしょうか。

WEBでのお問い合わせはこちら