スマートフォンを操作する男性の手

【初心者必見!】Twitterアナリティクスを活用しよう!

スマートフォンを操作する男性の手

国内月間アクティブユーザー数が4500万人と、LINEについで日本国内では多くのユーザーに利用されているTwitter。企業アカウントも大なり小なりたくさんあり、1つのアカウントで影響範囲が数百万人に及ぶものもあります。

たかがSNSといった運用の仕方ではプラスどころか、消費者やユーザーにマイナスな印象を与えてしまうこともしばしば。そんなTwitterをより効率的に、効果的に運用していくためには、分析ツールが欠かせません。

そこで、活用したいのがTwitterアナリティクス。Twitter専用の分析ツールであるTwitterアナリティクスについて、ツール内でできることやその活用方法を明らかにしていきます。

Twitterアナリティクスとは

分析画面を開く女性

Twitterアナリティクスとは、自分が保有するTwitterアカウントを数値的に分析することができるツールのことです。

Twitterの公式ツールですので、Twitterアカウントを持っている場合、誰でもそのデータを閲覧することができます。

これまでに自分が投稿したツイートの中でもっとも反響のあったもの、月ごとの閲覧やフォロワーの変動、投稿のヒントになるネタなど、Twitterに関するあらかたのデータが詰まっている、Twitter運用には欠かせないツールです。

Twitterアナリティクスの始め方

本から植物が生える

Twitterアナリティクスはパソコンで利用できます。

まずは、パソコンからブラウザを立ち上げ、Twitterにログインします。画面左側にある「もっと見る」をクリックすると、選択肢の中に「アナリティクス」と表示されるため、そちらをクリックします。そうすると、Twitterアナリティクスのトップ画面が表示され、アカウントに関する様々な数値が表示されます。

また、Twitterのスマートフォンアプリでも、簡易的にインプレッション(※1)やエンゲージメント(※2)の数値を確認できる機能はあります。方法は、投稿したツイートの1番右アイコンをクリックするだけです。ツイートに関するデータが表示されます。

(※1)インプレッション・・・該当するツイートが何回表示されたかを示します。これは、タイムラインに表示された数を示します。そのため、じっくり読まれても1、さらっと流し読みされても同じ1としてカウントされます。

(※2)エンゲージメント・・・該当するツイートに対して、発生したイベントの数です。イベントの具体的な内容としては、リツイート、ツイートのクリック、お気に入り、ブックマークがあります。これらのイベントが発生した際にカウントされます。

Twitterアナリティクスの見方

紙で作った輪をのぞく女性

Twitterアナリティクスを開いたときに、まず目に入るのが画面上部のタブです。このタブを基準に画面の説明をしていきます。

「ホーム」タブ

Twitterの管理画面にログインした際に表示される画面です。ツイートの概要を確認することができ、もっとも閲覧する画面です。

ここでは、各月のトップツイート、トップのメディアツイート、トップフォロワー、月のツイート数、ツイートインプレッション数、プロフィールへのアクセス数、新しいフォロワー数を閲覧することができます。

これから説明する各タブの概要的な役割をしています。

「ツイート」タブ

「ツイート」タブでは過去28日間で得られたインプレッション数が表示されます。そのほかには、トップツイート、ツイートと返信、プロモーションというタブが画面中頃にあります。

個別の投稿をクリックすると、その投稿のインプレッション数、エンゲージメント数、いいね数、リツイート数、詳細のクリック数、返信を確認できます。

  • トップツイート
    名前のとおり、インプレッションが1番多いツイートから順に表示されます。「ツイート」と同様に、個別の投稿をクリックすると、詳細情報を閲覧することができます。
  • ツイートと返信
    以前は、ツイートのタブにツイート+返信が表示されていましたが、仕様が変わり、ツイートのタブに返信が表示されなくなりました。その代わり、こちらに返信とツイートが合わせて表示されます。こちらも「ツイート」同様に、個別投稿の詳細を確認することが可能です。
  • プロモーション
    Twitter広告を利用した場合、その数値結果が表示されます。

「オーディエンス」タブ

「オーディエンス」タブでは、フォロワーに関する数値を閲覧することができます。 例えば、フォロワーの増加数、フォロワーの興味関心のある分野、言語、性別、地域などのフォロワー層といったデータを閲覧することができます。

※オーディエンス・・・オーディエンスとは英語で聴衆、観客、聴取者のこと。つまり、Twitterを利用するユーザーと考えるとわかりやすいです。

分析のために選択することができるオーディエンスは全部で4つあります。

  • すべてのTwitterユーザー
    Twitterを利用しているユーザーすべてのことを指します。
  • オーガニックなオーディエンス
    リツイートやツイートがタイムラインに流れることで自然とフォローしているユーザー(広告を使って得たフォロワーではないユーザーのこと)を指します。すべてのTwitterユーザーでは個別にペルソナを指定してデータを閲覧する機能もあります。

    選択できるペルソナは下記のようなものがあります。

    ペルソナ

  • キャンペーンのオーディエンス
    広告を使って獲得したフォロワーのことを指します。
  • フォロワー
    今現在のフォロワーを指します。

「イベント」タブ

「イベント」タブでは近々開催されるイベントを閲覧することができます。これによって、投稿するツイートをよりタイムリーなものにすることができます。「スポーツ」「映画」「よく浮上するトレンド」というようにイベント情報がカテゴリわけされています。

「動画」タブ

「動画」では投稿した動画の再生回数と再生完了数の数値を閲覧できます。

「アプリマネージャー」タブ

アプリマネージャーでは主に、プロモーションキャンペーンを行なうアプリの追加・編集などの管理を行うことができます。プロモーションキャンペーンのプロモーションとは、Twitter広告のことで、Twitter広告を利用している場合に、タブにデータが表示されます。

追加したアプリは、アプリのインストール数キャンペーン、または起動回数キャンペーンのどちらかでプロモーションを開始することができます。

「コンバージョントラッキング」タブ

「コンバージョントラッキング」では、ユーザーが行なったリンクのクリック、リツイート、いいね、Webサイトへのアクセスなどの各アクションの結果を閲覧することができます。

コンバージョンをトラッキング(ある特定のユーザーがどのような行動をとったのか、追跡・分析すること。)するには、Webサイトにトラッキングコードを追加する必要があります。

トラッキングできるものは、Webサイトへのアクセス、サイト内での購入、資料のダウンロードなどです。コンバージョンをトラッキングする場合は、トラッキングしたいすべてのWebサイトのページに、トラッキングコードを追加する必要があります。

また、トラッキングコードをターゲットユーザー別に設定することで、ターゲットごとでのトラッキングができるようになります。

例えば、パソコンからアクセスしているユーザーとスマートフォンをからアクセスしているユーザーを識別するといった具合です。

トラッキングコードをWebサイトに挿入し、コンバージョンが発生すると、「コンバージョン」にてデータを確認することが可能になります。トラッキングコードを追加したのに、データが何も表示されない場合は、トラッキングコードの挿入方法が間違っているか、コンバージョンが発生していないかのどちらかです。

トラッキングコードの設定の確かめ方

設定したトラッキングコードに問題ないか確認する方法があります。

確認する方法は以下の2つです。

  • 一つは、Chromeの拡張機能をダウンロードする方法です。

    「Chrome 拡張機能」と検索して、Chromeウェブストアを開きます。
    ウェブストアの検索で、Twitter pixel helperと検索すると、該当する拡張機能が出てきます。
    「Chromeに追加」ボタンを押して、トラッキングコードを埋め込んだウェブサイトにアクセスすれば、トラッキングコードの実装に問題ないかを簡単に確認できます。

  • もうひとつは、Chromeのデベロッパーツールを使用する方法です。

    Chromeのデベロッパーツールを開きます。(右クリック→検証で開けます)

    Networkタブを開き、filterにtwitterと入力して、ページの更新ボタンを押します。uwt.js、adsbt?〜というものがあれば、それがトラッキングコードの一部です。管理画面上に表示されているコード内容と同じか、また、status codeが200になっているかを確認します。

これらが問題なければ、Twitterのトラッキングコードが正しく読み込まれていることが確認できます。

Twitterアナリティクス分析で特に見るべきポイント

POINTと書かれたボード

Twitterアナリティクスで分析をする際、やみくもに画面を見ても効果は得られにくいです。ここでは、どこを重点的に確認するべきか説明します。

ツイートの効果測定

Twitterアナリティクスでは、普段行っているツイートの効果測定を行うのが基本です。

効果測定の方法としては、大きい項目 → 詳細な項目という順序で見ていくのがセオリーです。

Twitterアナリティクスの場合、ホーム画面で月ごとのツイート数、プロフィールへのアクセス数、ツイートインプレッション数、新しいフォロワー数を確認できます。

まずは、月ごとで過去に遡っていき、各指標が大きく変化した月を探します。大きく変動のあった月を見つけたら、次は「ツイート」タブにて該当する月のツイートを分析します。

トップツイートを表示して、その月の指標が優れていたツイートを見て、

  • なぜそのツイートのインプレッションが高いのか
  • エンゲージメントが多かったのかはなぜか
  • エンゲージメントの内訳は「いいね」なのか、「詳細のクリック数」なのか、「リツイート」なのか、「リプライ」なのか
  • そのツイートがメタ化できるか

といったことを分析し、仮説をたてて、今後投稿するツイートのテーマや方向性を探っていきます。

※メタ化:抽象度をあげて、思考や情報に汎用性を持たせること

Twitterアナリティクスの活用方法

サイクリング道路と冬の江戸川風景

Twitterアナリティクスの基本的な使い方は理解していただけたでしょうか。ここからは、より具体的な活用方法を紹介していきます。

「イベント」タブを活用する

Twitterはトレンドに左右されるSNSでもありますし、トレンドを作り出すSNSでもあります。 そのため、「イベント」タブのイベントや映画、スポーツは投稿するネタとして大変参考になります。

また、毎年浮上してくるトレンドはお決まりのものもあり、よく浮上するトレンドに入っていることもあります。こうした「イベント」タブを活用して、時流に沿ったツイートを多く心がけていくことがフォロワーの増加へと繋がります。

「オーディエンスインサイト」を活用する

オーディエンスインサイトとは、「オーディエンス」タブで閲覧することができる、インサイト(※1)のことです。

「オーディエンス」タブでは、「オーガニックなオーディエンス」を選択すると、自身のアカウントを見ているユーザーの性別特性や言語、地域を閲覧することができます。

その中でも、もっとも役に立つのが地域に関するデータです。

実はTwitterは地域性のあるSNSです。リプライを分析すると、同じ地域(都道府県が主)内でコミュニケーションをとっていることが圧倒的に多いというデータがあります。(※2)

そのため、自身の運用するアカウントはどの地域のユーザーに見られているのかを認識しておく必要があります。地域性が強いのであれば、その地域に沿った投稿をするというお方向性も必要になります。

(※1)インサイト:見識や洞察のこと。データを閲覧することで得られるビジネス成長のためのヒントとしておくとわかりやすいかと思います。
(※2)参考文献:『ぼくらはSNSでモノを買う』P119 ディスカヴァー・トゥエンティワン 飯高悠太

データをエクスポートして活用する

Twitterアナリティクスではデータをエクスポートして、外部ツールにインポートすることで簡単にデータ分析を行うことができます。

例えば、グーグル提供のスプレッドシートを活用します。

「ツイート」タブ画面右上に「データをエクスポート」するボタンがあるので、そちらをクリックすると、過去28日間のツイートに関する様々なデータがエクスポートされます。これをグーグルのスプレッドシートに読み込みます。

グーグルスプレッドシートには、「データ探索」という機能があり、読み込んだCSVの数値を適当に数パターン組み合わせて、データの見える化をやってくれます。この機能を活用することで、自分では見えていなかったデータの傾向を発見することができます。

ちなみに、筆者の場合は、「インプレッション」のヒストグラムという表示が参考になりました。インプレッション数の分布がわかるため、目標インプレッション数の設定に活用できると思います。

まとめ

スマートフォンを操作する男性

以上、Twitterアナリティクスについての解説でした。ツイートのインプレッション数やエンゲージメントの確認といった基礎的な内容から、少し手間のかかるデータの分析方法をご紹介しました。

Twitterアナリティクスは分析ツールとしてお手軽さを残しつつも、活用の仕方次第では本格的な分析も行えます。今後もビジネスに占めるSNSの割合は増す一方だと予想されるので、たかがTwitterとして侮ることはできません。

1つのビジネスツールとして位置付けて、細かな分析を行ない、効果改善につながるようなPDCAを回すためにも、Twitterアナリティクスの活用方法について、学んでいきましょう。

WEBでのお問い合わせはこちら