検索エンジン向けの文章を練習する

【押さえておきたい!】SEOに強い文章の書き方を伝授します!

検索エンジン向けの文章を練習する

ウェブ上での大量集客を狙うにあたって、SEO対策は必須です。SEOに強い文章を書くことで検索時の上位表示サイト入りを狙い、さらなる注目を集めることができます。けれど、自信をもってすべてを把握しているといえる人は少ないのではないでしょうか。「そもそもSEOって何?」「どんな仕組み?」「SEOに強い文章を書くテクニックってあるの?」そんなよくある疑問を持つ皆さんにお答えする情報をまとめました。

なぜSEOに文章が大切なのか

はてなマーク

「思いのたけをぶつけた渾身のブログを、たくさんの人に読んでもらいたい」「会社が自信をもって打ち出したWebプロモーションで消費者の注目を集めたい」今の世の中には、そんな思いを抱えた人であふれかえっています。あらゆるシーンにおいて、インターネット上でどれだけ人を集客できるかがビジネスの成功に直結しているのです。

そこで注力されているのが、ウェブページにしっかり『SEO』対策をすること。たくさんの人に読んでもらうために、SEOを意識して書かれた記事が求められているのです。

SEOに強い文章とはどんなものなのかを知るには、まずインターネット検索のからくりを理解することが肝心です。

そもそもSEOとは何なのか?

「SEO対策をすれば検索で優位になるらしいけど、実際のところSEOってよく分からない……」そんな人も多いのではないでしょうか?

SEOは(Serch Engine Optimization)の略であり、検索エンジンの最適化を表します。

何か知りたいこと、疑問に思ったことを調べる時、誰もがGoogleやYahooといった検索エンジンを使うのではないでしょうか。この時、ページの中でも上位に表示される記事に最初に目を通すことがほとんどでしょう。

端的に言えばSEOとは、検索エンジンの中で上位表示されて読まれやすくするためのさまざまな工夫です。

検索エンジンは「有益な記事」をランク付けしている

現在の検索エンジンは、人間の思考・判断とほぼ変わらないほどの高レベルの人工知能を有しています。ウェブ上のあらゆる記事を総合的に分析し、ユーザーにとって有益な記事だと判断できるものは検索結果画面の中でもより目に付きやすい上位の場所に配置してくれるのです。

つまり、人の注目を集める良質な記事は、検索エンジンに優遇され、ますます読まれやすい環境に置いてもらえる、と言えるでしょう。

現時点で、検索エンジンが判断基準にできるのは文章だけ

検索エンジンがサイトの情報を読み取る時には『クローラー』と呼ばれるプログラムを使用しています。読み取った情報は検索エンジンのデータベースで整理され、あらゆるキーワードとの関連性を見出し、有益なサイト順に上から検索結果を並べていくのです。

ここで知っておくべきポイントは、クローラーの特徴です。画像や動画などは判断できず、文章情報しか読み取ることができません。そのためSEO対策は、すなわち文章に対する工夫なのです。

SEOに強い文章とは

文章を記述する手

よく集客ができているウェブページにはおさえられているポイントがあります。いくら魅力的な内容がまとめられていたとしても、発信者側の目線だけで書かれた文章は魅力に乏しく、集客に繋がりません。共通しているのは「読み手が期待していることは何かをきちんとわかっている」ことでしょう。SEO対策に対する大切な考え方が見えてきますよ。

ユーザーが何を知りたがっているかを考えている

自分が書きたい情報とユーザーが知りたい情報がかみ合っていなければ、ユーザーにとって有益な記事とは言い難いでしょう。特定のキーワードで検索をかけるユーザーが一体何を知りたがっているのか、それを先回りして文章化し、記事内に用意できているサイトはユーザーからの支持を多く集めます。

自分が何を発信したいかの前に、読み手のニーズを考えそれに合わせて文章を書いているのです。

今までの記事にはないオリジナリティがある

他の人の情報や意見を引用してまとめただけのものは、価値が低い記事となります。自分の意見や調べた情報をまとめた記事は重宝され、検索エンジンから高い評価を受けているのです。

例えば他の人には絶対にかけない内容として挙げられるのは、実体験です。自分がどんな経験をして何を学んだかを自分の言葉で書くことができている人は、SEOに強い文章を書く上で大きな武器となっています。

誰にでもわかるような分かりやすく簡単な文章で書かれている

閲覧数を増やそうと思えば、できるだけ多くの人が気軽に読める文章にすることが大切です。SEOを意識して書かれた文章は、専門的で難しい内容を話題にしていても、かなり分かりやすくかみ砕いた説明にしています。

専門用語は一般的表現に言い換え、分かりやすく身近な具体例を出して理解をうながし、特定の漢字はひらがな表記にすることで印象を柔らかく、読みやすくしています。

SEOに強い文章を書くコツ

POINT

実際にSEOに強い文章を意識して書きたいと考えている人のために、文章を作る時のポイントを順番にまとめました。検索エンジンの理屈さえ分かっていれば、実は簡単なことばかりです。すべてを実践すれば、検索から多くの集客が見込めるページを作ることも十分可能ですよ!

まずはユーザーのニーズを探ろう

まずは多くのユーザーがどんな情報が求めているのかを知る必要があります。方法は大きく分けて2つです。

ひとつは『関連キーワード』。検索しようとすると、キーワードに続く形で追加キーワードがサジェスト表示されたり、検索結果画面の下部に他のユーザーが実際どんなキーワードで検索したのかが表示されたりします。これらは、そのキーワードに興味を持った人がどんな心情なのか、何に興味を持っているのかを探る手掛かりになります。表示されたキーワードを話題にすれば、自然と「多くの人から求められる記事」になります。もちろん検索エンジンからも有用な記事だと判断されやすくなりますよ。

もうひとつは、ユーザーが検索した時の心情をいくつかの材料から想像し、探ることです。見つかった複数の関連キーワードの組み合わせを読み解きましょう。ユーザーがどんな状況下でそれらキーワードを検索する傾向があるのかが見えてきます。さらに、現時点で上位表示されているサイトにもいくつか目を通せば、よりユーザーの気持ちが分かってくるはずです。記事の方向性が見えてきますよ。

SEOを意識した記事構成を心がけよう

ユーザーが知りたい内容が把握できたら、記事構成に反映させましょう。

読み手が目的の情報にすぐにたどり着けるように、重要な情報をまとめた文章を前半に持ってくると効果的です。

少し複雑な内容であれば、最初に用語の解説から切り出して読み手の混乱を防ぐのもいいでしょう。ユーザーが飽きることなく自然と最後まで目を通せる文章が理想的です。

文章を小分けにして見出しを付けることも読みやすさを向上させる効果が期待できます。ウェブに書かれた文章は手軽に読み始められますが、途中で飽きた・読みづらいと感じられると離脱されるのも早いのです。

読み手に対して整理して情報を伝えることができるので、最後まで読んでもらいやすくなります。ユーザーのページ滞在時間が長くなれば、自然と記事の評価を高めることができるのです。

思わず読みたくなるようなタイトルをつけよう

とくに大切なのはタイトルです。ユーザーに対して最初に興味喚起をする役目を持っています。必要なキーワードは必ず入れるようにしましょう。検索した時に表示が切れてしまわないように、文字数を意識することもおすすめします。検索結果画面ですべての文章が途切れなく表示されている記事はユーザーの注意を惹きつけます。

文字数は「有益な記事」の大きな判断基準だと心得よう

ユーザーのことを考え、文章の読みやすさを追求することは大切ですが、あまりにも単純で文字数が少なすぎることはSEOの観点から見て良くありません。特に文字数が2000文字を切る文章は「新しい発見が含まれる可能性が低い記事」と判断され、検索時に不利になってしまいます。さらに、文章内に含まれる検索キーワードも限られてくるため、ユーザーから発見される可能性も低くなってしまうのです。

やみくもに文字数を増やしたからといって、単純に高評価となるわけではありませんが、充実した内容を目指していればおのずと文字数に反映されるものです。

関連キーワードはなるべく使用しよう

各見出しや文章内にキーワードを織り込むことで、ユーザーが検索した時にヒットしやすくなります。とくに、今のユーザーが積極的に使っているキーワードを多く入れると効果的です。すでにユーザーのニーズをおさえた検索ジャンルである可能性が高いため、より多くの注目を集めることができます。

信頼性が高い情報ソースをつかおう

記事の内容にもよりますが、もし引用が必要であれば、国が出している資料や社会的に信用度が高いとされている団体、公式サイトを情報ソースとしましょう。文章そのものの信頼性を高めることができ、記事の価値につながります。

上位サイトの掲載情報は少なくとも網羅しよう

すでに現時点で上位表示されているサイトは、ユーザーおよび検索エンジンから高い評価を受けているページです。これを参考にしない手はありません。上位サイトがどんな内容をまとめているのか傾向を把握しましょう。

文章を書く時は複数の上位サイトの内容を参考にし、自分がこれから作る1ページの中に情報を集めるようにします。こうすることで「1つのページで今までに掲載されていた内容をすべて網羅できる」という新たな価値が生まれ、高評価が得られます。

ここで意識したいのは、より有益なサイトとなるため、上位の競合サイトよりも情報量を増やすことです。競合サイトの中では省略され書かれていなかった内容を調べ、補足したり、競合サイト内では触れられていないことを掘り下げたりしてみましょう。

ただし、あくまで情報を網羅するだけであり、他人の文章をそのままコピーすることはNGです。情報が重複していることで検索エンジンからの評価が下がるだけでなく、著作権侵害でペナルティの対象となる可能性があります。

他のサイトでは得られない特別な情報を意識しよう

同じキーワードでたどり着ける話題でも、独自の切り口で語られた内容からは新たな発見が得られます。新しい価値の提供はユーザーにとって有益であり、検索エンジンは高い評価を下します。

ただ調べた内容を羅列するだけではなく、独自に調査した内容や取材して見聞きした情報、自分なりの見解などを織り込み、よりユニークな文章を目指しましょう。

ユーザーが見やすい・使いやすい・移動しやすい構造にしよう

いくら文字数が多く情報量が充実した記事が優れていても、実際に閲覧するのは人間です。SEO対策に集中して文章だらけのサイトになると、ユーザーはうんざりしてページから離脱してしまうでしょう。

ユーザーが繰り返し訪問しない・回遊しないことは検索エンジンからもマイナス評価となります。読み手の集中力を持続させ、滞在しやすいページ作りをすることをおすすめします。

効果的に画像や動画を差し込んだり、レイアウトを工夫したり、時にはキーワードテーマごとにページを分け、階層化したりしてはいかがでしょうか?

SEOに強い文章を書けるようになるために

指を指す男性

SEOに強い文章を書くため、独自に勉強してみたいという人に役立つサイトをご紹介します。まずは1つのページを作って慣れてみたいという初心者~中級者の人から、SEOの専門用語や検索エンジンそのものを知り対策を立てたい上級者向けまで、それぞれの切り口でご用意しました。

SEO超初心者。まずは基本テクニックをおさえてやってみたい人向け

SEO対策に効く文章の書き方 5つのポイント

とにかく文章を書き始めることからのスタート。そのため最低限の書き方の基本だけをまずは知りたいという人は、コチラのサイトがおすすめ。その名も『SEO対策に効く文章の書き方 5つのポイント』です。簡単ですが基本的なことばかりをまとめています。

サイト内はSEOに関する記事が複数掲載されているため、少しずつ文章を書くのに慣れてきたらサイト内を巡回してステップアップすることもできますよ。

ノウハウを余すことなくおさえた記事を書きたい! 中級者向け

【SEOに強い記事】を書くための9つの鉄板テクニック | ブログ部

ほんの小さなテクニックも逃さずにSEO対策した文章を本気で書いてみたいという人は以下のサイトがおすすめです。写真を効果的に入れ、文章も誰にでもわかりやすいキャッチーな言い回しとなっています。サイトそのものがSEOに強い文章を書く上での参考となりそうですね。

もう一歩検索エンジンに踏み込んだ対策を立てたい! 上級者向け

SEOと文字数の関係とは|文章をしっかり書けば検索順位がアップする

検索エンジンのロジックを丁寧に勉強したいという人はこちら。SEOの周辺知識や専門用語についても丁寧に説明されています。文章に慣れ始め、もう一歩本格的な対策を立てたいという人におすすめです。

まとめ

タイピングする様子

今までSEO対策の実態がよく分からなかったという人も、検索エンジンの理屈を知ることで全体が見えてきたのではないでしょうか?

SEOに強い文章を書き、ユーザーに有益な記事だと判断されれば、検索エンジンは強力な味方となり集客を後押ししてくれます。ご紹介してきたノウハウを実践し、検索時に上位表示されるページ作りを目指しましょう。

WEBでのお問い合わせはこちら