検索するイメージイラスト

SXOとは?SEOとの違いから対策まで押さえよう

検索するイメージイラスト

自社のWebサイトへの流入数を増やすため、多くの企業が検索順位で上位に表示されるように対策を行っています。この検索順位で上位に表示されるための施策を、「SEO対策」と呼びます。多くの企業が日々対策を行う中、Googleの検索順位を判定する仕組みも年々アップデートされており、効果的な施策内容も年々変化しています。そんな中、2016年ごろから「SXO」という言葉を耳にするようになりました。ではこのSXOとは一体どのようなものでしょうか?今回はSXOについて、SEOとの比較や対策方法を含めてご紹介します。

なおこの記事を読むことで

  • SXOとはどんなものか?
  • SEOとSXOの違い
  • SXO対策

について理解を深めることができます。

SXOとは

ノートパソコンで検索する様子

まずSXOとはどのようなものかご紹介します。
SXOとは、2016年ごろから注目されるようになった比較的新しい言葉で、「Search Experience Optimization」の略称です。日本語では「検索体験最適化」と言います。何か情報を調べたい時、私たちはGoogleなどの検索エンジンから調べたいキーワードを検索します。そして、検索結果に表示されたWebサイトの中から任意に選択して、Webサイトを訪問します。それらのWebサイトに訪問し記事を閲覧していると、検索結果に表示されたにも関わらず、自分が知りたい情報が記載れていないことがあります。この時のユーザーはどのような心境でしょうか?せっかく訪問したにも関わらず、知りたい情報がなかった場合、検索結果に満足できず、別のWebサイトに行ってしまうでしょう。一方で、Webサイトの記事を閲覧することで、自分の求めていた情報が取得でき、問題が解決される場合もあります。この時のユーザーは、自分の知りたかった情報を得られたことに対し、非常に満足しているでしょう。この「ユーザーの満足度」がSXOでは重要な要素で、Webサイトを通じて、ユーザーにどんな情報を提要すれば満足してもらえるか?ということを考えることがSXOです。

また、SXOはよくSEOと比較して用いられますが、SEOはGoogleの検索エンジンに対して行う施策で、SXOはユーザーに対して行う施策となります。違いの詳細については後述しますので、詳しくは「SEOとSXOの違い」をご覧ください。

余談ですが、「Search Experience Optimization」の頭文字を取得すると「SEO」となり、検索結果で上位に表示させるための「SEO」との区別がつかなくなるため、「Experience」の2文字目「X」をとって「SXO」と言います。

SXOを行うメリット

MERIT

ではSXOにはどのようなメリットがあるのでしょうか?SXOを意識したコンテンツを作るメリットの1つに、「コンバージョン(成果)につながりやすい」ということがあげられます。
例えばユーザーがある商品の購入を検討していて、Googleの検索エンジンで「〇〇 購入 検討」と検索したとします。検索結果に関連記事が表示された時を想像してみてください。

①商品について紹介されているが、購入ページのリンクが設置されていない記事
②商品の購入ページのリンクばかり大量に設置されて、商品紹介の内容が薄い記事
③商品の特徴が関係にまとめてあり、類似商品との比較、実際に購入した方の声などが記載され、購入ページへのリンクも適度に設置されている記事

いかがでしょうか?このキーワードで検索したユーザーにとって、求めている情報は③の記事ではないでしょうか?
①や②の記事の場合、求めている情報と一致しないため、すぐに離脱してしまい、コンバージョンには至らないことが想定されます。ユーザーの求める情報を提供することを意識してコンテンツを作成するSXOは、結果的にコンバージョンにつながりやすいと言えるでしょう。

SXOにおいて重視するポイント

笑顔の男性

では、SXOを意識したコンテンツを作る際、どのようなポイントを意識すると良いでしょうか?SXOとは?の内容でも紹介しましたが、「ユーザーが求める情報を提供すること」が非常に重要なポイントです。そのためには、ユーザーがどんな情報を求めて、どんなKWで検索しているのか?を知る必要があります。例えば「○○とは?」というキーワードを検索したユーザーは、検索したキーワードに対しての知識を得たいと推測できますし、「○○ 購入」というキーワードで検索した場合、その商品を購入する前提で調べているでしょう。

また、「○○ 購入 安い」というキーワードの場合、同じ「購入」というキーワードでも、もっとも安く購入するためにはどこから購入した方が良いか、比較情報などを得たいと考えているかもしれません。つまり、検索キーワード毎にユーザーのニーズは異なるため、各キーワード毎にユーザーが何を求めているのか、理解してコンテンツを作成することが重要となります。

SEOとSXOの違い

はてなマークを持つ女性

では、SEOとSXOではどのような違いがあるのでしょうか?ここでは、SEOとSXOを比較してご紹介します。

SEOとは

まずにSEOついて簡単にご紹介します。SEOは「Search Engine Optimization」の略称で、日本語では「検索エンジン最適化」という意味です。狙ったKWで検索結果の上位に表示させるための施策のことで、一般的に「SEO対策」と呼びます。Googleはかねてより「ユーザーのニーズにぴったり一致する答えを返すこと」を目標として取り組んでいますが、これを実現することは容易ではありません。Webサイトの中身そのものを評価するための仕組みづくりが非常に困難であったため、別の仕組みを活用してコンテンツを評価しました。

例えば

他のWebサイトにURLが掲載されている = 品質の高いサイトと評価する
検索したキーワードが文中にたくさんある = 関連性の高いサイトと評価する

といった具合です。こういった評価の仕組みを理解し、Googleに評価されるようにWebサイトを最適化することで、検索結果で上位に表示させるための施策がSEO対策です。

対象の違い

では、SEOとSXOはどのような違いがあるのでしょうか?もっとも大きな違いは、「施策を行う対象が異なること」です。SEOは、Webサイトの構造やコンテンツの構成を最適化することで、Webサイトやコンテンツを検索結果の上位に表示させることに重きをおいています。たとえば、被リンク(他のWebサイトにリンクが掲載されること)の獲得や、関連するKWを文中に適度な比率で入れる、Webサイトの構造を最適化するなどがあります。これらは全てWebサイトに対して行うもので、Googleのクローラー(Webサイトを評価するプログラム)に評価されるための施策となります。

一方SXOは、いかにユーザーが利用しやすいかという部分に焦点をあててWebサイトやコンテンツを最適化することで、利用したユーザーの満足度を高めることに重きをおいています。具体的な施策として、検索キーワードの内容に適したコンテンツ作りや、サイトの読み込み速度を早くするなどがあります。これらは全てユーザーの満足度を上げるためのもので、ユーザーを対象とした施策となります。つまり、SEOとSXOは、それぞれ対象が異なる施策内容というわけです。

SEOとSXOの密接な関係

SEOとSXOは、対象が異なるという点では明確な違いがありますが、実は非常に親密な関係にあります。なぜなら、Googleは「ユーザーのニーズにぴったり一致する答えを返すこと」を目指しているからです。もともとWebサイトの品質の評価が困難だったため、被リンクや関連キーワードを拡充させる施策が検索結果で上位掲載される施策として有効でした。しかし、GoogleのWebサイトを評価する仕組み(アルゴリズム)も年々アップデートされており、Webサイトの品質を判断できるようになってきました。そのため、最近はコンテンツの品質や、ユーザーファーストであることが、SEO対策として非常に重要視されています。そういう意味では、Googleが目指すSEOとは、本来はSXOのことだと解釈することもできます。今後、Googleが目標とする検索エンジンの仕様により近づけていった場合、検索結果で上位に表示させるためには、SXOは必須といっても過言ではないでしょう。

SXOのためにできること

ブロックを積み上げる様子

ではSXO対策はどのように行ったら良いでしょうか?答えは非常にシンプルで、Googleガイドラインに沿ったコンテンツを作成することです。Googleが「Webマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)」を公開しており、そこには基本方針から具体的なガイドラインまで、Googleが提唱する品質の高いコンテンツとはどのようなものかについて記載されています。

例えば基本方針の1つ目には「検索エンジンではなく、ユーザーの利便性を最優先に考慮してページを作成する。」と明記されています。言い換えると、SEOではなく、SXOを考慮したWebサイトを評価するという内容となります。それを踏まえた上で、ここではSXOの対策として考えられる方法を4つご紹介します。

ユーザーのニーズにあったコンテンツを作成する

SXO対策としてはもっとも重要視される内容が、検索キーワードからユーザーのニーズを知り、コンテンツを作成することです。この検索キーワードから検索するユーザーは、どんな情報を取得したいのか? なんども紹介していますが、Googleは「ユーザーのニーズにぴったり一致する答えを返すこと」を目標に掲げています。ターゲットとするキーワードを深く研究し、ユーザーが何を求めているのかしっかりと理解した上で、ニーズにあったコンテンツを作成しましょう。

サイトの表示速度を改善する

SXO対策として意外と見落としがちなのが、このWebサイトの表示速度です。検索結果からWebサイトを訪問したのに、数秒たってもなかなか表示されないケースがあります。この場合、ユーザーはどのような行動をとるでしょうか?あるデータでは、Webサイトの読み込み完了をユーザーが待つのは2秒までという結果が出ており、3秒を超えると、そのWebサイトから離脱する人数は大幅に増えるという結果が出ています。つまり、ユーザーにとってWebサイトの表示速度が遅いことは、利便性が悪いということです。ユーザーの利便性を追求するSXO対策において、Webサイトの表示速度の改善は、非常に重要な施策の1つです。

セキュリティを強化する

Webサイトでは、第三者によって情報を盗聴、あるいは改ざんされるリスクがあります。このリスクを回避するために、Webサイト全体の情報を暗号化することを「常時SSL化(HTTPS化)」と呼びます。Googleはユーザーが安心して検索エンジンを利用できるように常時SSL化を推奨しており、「ユーザーのセキュリティを最優先に考える」と発表しています。安心してWebサイトを利用できることはユーザーの満足度につながるため、SXO対策としての効果が期待されます。そのため、ユーザーが安心してWebサイトを利用できるように、Webサイトを常時SSL化(HTTPS化)しましょう。

モバイルファーストに対応する

スマートフォンが普及によって、検索比率がパソコンよりもスマホの方が大きくなっています。そのため、Googleは検索デバイスの変化とともに、Webサイトの評価基準を変更しました。どのように評価基準を変更したかというと、従来はパソコンサイトを基準にWebサイトの評価をしていましたが、今後は、スマホサイトを評価の基準にするとのことです。この評価基準の変更施策を「モバイルファーストインデックス」と言い、Webサイトがスマホ対応しているか判断する基準のことを、「モバイルフレンドリー」と呼びます。 モバイルフレンドリーなWebサイトを作ることは、SXO対策として必須条件です。

また、上記の通りSXO対策としてだけでなく、スマホに対応してない場合、GoogleからのSEOの評価を受けにくいため、Webサイトはスマホに対応させて作りましょう。
なお、自社のサイトがモバイルフレンドリーに対応しているか以下URLの「モバイルフレンドリーテスト」から知ることができます。

※モバイルフレンドリーテスト:https://search.google.com/test/mobile-friendly?hl=ja

まとめ

SEARCH

今回はSXOとはどのようなものか、SEOとの比較やSXOの対策方法などをご紹介しました。ユーザーファーストのコンテンツ作りは、かねてよりGoogleが非常に重要視している内容なので、しっかりと意識して取り組むことをおすすめします。SXOはSEO対策としても非常に重要な要素ですので、ユーザーが何を知りたいのかしっかりと理解した上で、コンテンツを作成することを心がけましょう。

WEBでのお問い合わせはこちら