citationがクローズアップされている様子

サイテーションとは?SEOとの関係性を解説

citationがクローズアップされている様子

SEOに深くかかわっている人であれば、「サイテーション」という言葉を聞いたことがあるかもしれません。サイテーションは、SEO対策をおこなううえで非常に重要ですが、SEO対策における知識の中でも、まだまだ比較的知名度が低い存在です。
したがって「いま、はじめて聞いた」という人もいるのかもしれません。
本記事ではサイテーションの概要や効果について詳しく解説します。 また実際にサイテーションを獲得する施策についても紹介します。

サイテーションとは

はてなマークの紙を持つ人

まずはサイテーションとは何なのか、詳しく解説します。

サイテーションとは話題に上げられることである

サイテーションとは、Web上で自身のサイトや店舗について言及されることを指します。要するに、第三者に話題に挙げられるということです。
話題に挙げられる際に被リンクは必要なく、サイト名を絡めてコンテンツへと言及された時点でそれはサイテーションに該当します。
店舗の場合は、店舗名や店舗住所、電話番号などに含めた言及がなされた時点でサイテーションです。現在のSEO対策では、サイテーションを多く獲得することが重要である、と認知されつつあります。

MEOと密接にかかわっている

サイテーションは、MEOと密接にかかわっています。
MEOとは、Map Engine Optimizationの略称で、Google mapにおける最適化を図る施策のことを指す言葉です。
自身が持つ店舗をGoogle mapの検索エンジンから提示される検索結果において、上位表示させることが最終的な目標になります。
Google mapの検索エンジンは、どの店舗を検索結果で上位表示するか決定する際、サイテーション数を参照します。
つまりサイテーションが多く獲得できていれば、上位表示される可能世が高まるというわけです。
したがってサイテーションとMEOは、密接にかかわっている、と言えます。

良いサイテーションと悪いサイテーション

サイテーションは、獲得できれば良いというわけではありません。具体的には良いサイテーションを獲得し、悪いサイテーションの発生を避けることが重要です。
良いサイテーションとは、「このサイトを見て役に立った」「ここのお店の接客は素晴らしい」など、好意的な言及を指します。
逆に悪いサイテーションは、「このサイトは全く参考にならない情報ばかり「ここのお店の料理はおいしくないし、高い」など、批判的な言及を指します。
Googleの検索エンジンは、良いサイテーションがどれだけあって、悪いサイテーションがどれだけあるかを評価基準としていると考えられています。

Googleが示すサイテーションへの見解

Googleは、明確に「サイテーションが上位表示において重要である」ということをアナウンスしているわけではありません。
Googleのアルゴリズムはブラックボックスであり、やはりサイテーションについても同様です。
しかし「Googleマイビジネスヘルプ」内「Google のローカル検索結果の掲載順位を改善する」にヒントがあります。
同ヘルプ内においては「ローカル検索結果の検索順位を決める際に、『知名度』を参照している」という旨が記載されています。
またビジネスについてWeb上の情報が知名度を上下させるとも記載されています。
したがってサイテーションが検索順位を上げるために、Web上での知名度を上げる=サイテーションを得ることが重要、といえるわけです。

(※)Google のローカル検索結果の掲載順位を改善する – Google マイビジネス ヘルプ

NAPを厳密に管理する重要性

店舗がサイテーションの獲得を目指す場合は、NAPが重要です。
NAPとは「Name(店舗名)」「Address(住所)」「Phone(電話番号)の頭文字を取った省略後で、この情報を正しくすることがサイテーションでは大切な意味を持ちます。
店舗がサイテーションを獲得する場合、GoogleマイビジネスにNAPを登録する必要があります。
また、「食べログ」や「Hot frog」などの口コミサイトに登録することも重要です。口コミサイトは、「サイテーションサイト」とも呼ばれます。
これらNAP情報が正しい内容か、適宜見直しましょう。情報がバラバラだと、評価が分散し、サイテーションの効果を最大限発揮することができなくなってしまいます。
また、サイテーションサイトにおける評判が良い、つまりサイテーションが高ければ、MEOにも良い影響があります。

被リンクとサイテーションとの違い

足元の白線

被リンクについては多くの方が知っていることでしょう。しかしサイテーションと語義を混同している場合もあるのではないでしょうか。
下記では被リンクとサイテーションの違いを解説します。

サイテーションはリンクが必要ない

上記でも触れましたが、サイテーションの獲得にあたり、リンクを受ける必要はありません。
自身のサイト名や店舗のNAPとそれにともなう言及があれば、サイテーションとして成立します。
逆に自身のサイト名や店舗のNAPに対する言及がなくても、リンクさえあればそれは被リンクです。

被リンクとサイテーションでは獲得難易度が違う

さらに被リンクとサイテーションの間には、獲得する難易度に大きな違いがあります。
被リンクを得るには、第三者がサイトや店舗を評価した上で、自身のWebサイトにハイパーリンクを設置するというステップが必要です。
しかし、第三者がこれらのステップを踏むことは決して頻繁に起こることではありません。また、そもそもハイパーリンクを設置するSNSやWebサイトを保有していない可能性もあります。被リンク獲得が難しいということは、SEO対策を行っている方であれば熟知しているでしょう。
それに対し、サイテーションは、被リンクよりも容易に獲得できます。ハイパーリンクを設置してもらう必要はなく、サイト名やNAPとあわせて、サービスやコンテンツに対する言及が取れればよいのです。わざわざWebサイトにハイパーリンクを設置させるだけの動機付けも必要ありません。
したがってサイテーションは、被リンクよりも簡単に獲得することができる、というわけです。

自力で増加させやすいのも大きな相違点

詳しくは後述しますが、サイテーションは自力で増加させやすいという側面があります。
SNSでの拡散やサイテーションサイト、ゲストポストなどの手段で、主体的にサイテーションを得ることが可能です。
これは、リスクを冒してブラックハットSEO(悪質なSEO施策)で被リンクを獲得するよりも、はるかに容易です。
ただしあまりに稚拙なサイテーション増加の手段は、ペナルティの対象にならないとは言い切れません。
Googleが持つペナルティ対象の条件を満たさないようにサイテーションを発生させる必要があります。

サイテーションはSEOに効果的?

疑問符を浮かべる男女

「本当にサイテーションはSEOに効果があるのか?」 と懐疑的な立場を取る人もいるでしょう。
結論から言えば、サイテーションはSEOに効果があります。

通常のSEOはもちろん、ローカルSEOには特に効果的

サイテーションは、ことローカルSEOに対しては、非常に高い効果を示します。
Googleマイビジネスと各種サイテーションサイトに、相違なくNAPを登録しているとしましょう。さらにその上で良い評判を集めておけば、サイテーションがSEOに良い効果を与えます。ユーザーのローカルな検索において、評判の良い店舗であるとして上位に表示されるため、より効率的に集客できる、と考えられます。
したがって、ローカルSEOの観点で見れば、サイテーションには高い効果があるということです。

サイテーションを確認する方法

PCを前にスマートフォンを操作する

サイテーションは、さまざまな方法で確認することができます。
下記では、代表的な方法を3つ示します。

サイト名でGoogle検索する

1つ目は、Google検索を使った方法です。
検索ワードに自身のサイト名、店舗名を入力し、ダブルクォーテーションで挟みます。さらに完全一致に指定した上で検索を行えば、サイテーションを確認することが可能です。
上記の書式で検索した場合、検索結果には、自身のサイトや店舗へのサイテーションのみが表示されます。

各種SNSでエゴサーチをおこなう

TwitterやInstagram、Facebookなどにおいてエゴサーチを行えば、サイテーションを確認できます。単純に自身の店舗名、サイト名で検索し、どれくらい言及されているかを見るだけです。
ちなみにTwitterのサイテーションは、綿密にチェックする必要があります。
TwitterはInstagramやFacebookよりも匿名性の高いSNSです。したがって誤解を恐れない悪いサイテーションが投稿されやすい環境にあります。
悪いサイテーションを把握したら、それを無効化するような施策を取ることが可能です。
ちなみに「Yahoo!リアルタイム検索」でエゴサーチすれば、TwitterとFacebookのサイテーションを同時に確認することができます。

サイテーションを獲得するためにできること

笑う少女

サイテーションを獲得することには、十分な意義があるということは理解していただけたと思います。下記では、サイテーションを取るための具体的な施策について解説します。

良いサイテーションを増やし、悪いサイテーションを減らす

上記でもすでに触れていますが、Googleの検索エンジンは、良いサイテーションが多く、悪いサイテーションの少ないサイトを上位表示します。
したがって常に良いサイテーションが得られるようなコンテンツやサービスを提供する必要があります。
悪いサイテーションがあるならば、再発を防止するため、コンテンツやサービス内容を見直すことも重要です。

一応「ブラックハットSEO的」な手段で良いサイテーションを得ることもできなくはありません。たとえば誰かに、「報酬と引き換えに良い口コミを投稿してもらう」、などの方法があります。
しかしGoogleは、こういった行為に対してペナルティを課す可能性もあります。ペナルティの可能性は、リスクとして認識しておくことが重要です。

正しい方法で、最適な形でのサイテーション獲得を目指しましょう。

サイト名や店舗名をSNSで拡散し続ける

SNSによるサイト名や店舗名の拡散は、サイテーションを獲得する上で非常に重要です。
TwitterやInstagram、Facebookなど、使えるSNSはいくらでもあります。拡散する際には、自身のサイトや店舗と関連性の高いワードを盛り込んでおけば、より効果的です。

たとえば「SEO対策」をコンテンツとしているサイトを拡散するのであれば、SEO対策と関連づいたワードを添えておきましょう。
ハッシュタグを活用するのも、よい方法です。特にInstagramでは数多くのハッシュタグを盛り込むこむことができます。店舗SEOであれば、周辺の駅名などをハッシュタグ化しておくなどの方法があります。関連性の高いワードを盛り込んでおくことで、コンテンツが参照される可能性が高まります。
上手くいけば、コンテンツを参照したユーザーがサイテーションを発生させることもあり得るかもしれません。

また、店舗名を拡散する場合は、かならずNAPを添えておきましょう。なぜならそれ自体がサイテーションになるからです。

サイト名、店舗名を印象的かつ短いものにする

サイト名、店舗名は、一目見ただけで記憶に残り、かつ短いものであるのが理想です。なぜなら、その方がサイテーションを得やすいからです。
サイテーションを獲得するには、ユーザーに店舗名を認知してもらうことが必要になります。
したがって、印象的かつ、短くて覚えやすいネーミングがよい、というわけです。
サイト名や店舗名は、短いほどユーザーの負担が少ない分、サイテーションを獲得しやすいです。

サイトのHTML書式に構造化マークアップを施す

自身のサイトのHTML書式に構造化マークアップを施しましょう。構造化マークアップとは、簡単に言えばHTML書式の中にメタデータを挿入することです。
この方法で、HTML書式の中にサイト名やNAPを組み込んでおきましょう。
サイト名やNAPを構造化マークアップすると、検索エンジンがサイト名とNAPを認識してくれます。通常の表記では、検索エンジンは、サイト名やNAPを単なる文字列として考えます。
しかし構造化マークアップしておけば、検索エンジンに「サイト名である」「店舗のNAP」であると認識させることが可能です。
構造化マークアップを行うだけで、サイテーション効果を高めることができます。

まとめ

夕焼けをバック地球儀が輝く

いかがでしょうか。この記事で、サイテーションについての理解が深まったのではないでしょうか。
Googleは「サイテーションが検索結果の上位につながる」と明言しているわけではありませんが、しかしヘルプ内の文言など、様々な情報から、ほぼ間違いなくサイテーションは無視できない要素と言えるでしょう。
ライバルは、サイテーション獲得のため、あらゆる施策を講じています。さらにそれを上回るサイテーションを獲得できるように、よりハイレベルな施策をおこなうことが重要です。

WEBでのお問い合わせはこちら