httpsのサイトURL

もはや必須!?常時HTTPS化(SSL化)のSEOへの影響について解説!

httpsのサイトURL

ウェブサイトを運営する上で、検索結果の上位に表示させることを1つの目標に設定するケースがあり、「検索結果の上位に表示させる」ための方法を「SEO対策」と呼びます。
SEO対策には様々な方法があり、Googleが公表している有効な施策の1つとして、ウェブサイトを「常時HTTPS化(SSL化)」する方法があります。では、常時HTTPS化(SSL化)とは一体何でしょうか?
今回は常時HTTPS化(SSL化)とは何か。また、常時HTTPS化(SSL化)のSEOへの影響と実装方法について解説します。
この記事を読むことで、

  • HTTPS(SSL)とは何か?
  • HTTPS化(SSL化)はSEO対策として有効なのか?
  • HTTPS(SSL)の実装方法

がわかります。

そもそもHTTPS(SSL)とは

Httpsのブロック

まず、HTTPSを知る上で、HTTPとは何かご存知でしょうか?
HTTPとは「Hypertext Transfer Protocol」の略称で、HTML(Hyper Text Markup Language =Webページを記述するための言語)で書かれた情報のやり取りを行う仕組みのことです。
ピンと来ない方は、ここではインターネットのことだと理解してもらえれば大丈夫です。

スマートフォンの普及によりインターネットがより身近になり、いつでもどこでもインターネットにアクセスして、欲しい商品を購入したり、便利なサービスを利用できるようになりました。
インターネットで商品を購入する際はクレジットカードの情報を入力し、サービスを利用する場合は個人情報を入力することがありますが、実はインターネットで入力しているそれらの情報は、悪意のある第三者によって盗み見られることがあり、それらの情報を悪用されてしまうケースもあります。

この悪意を持った第三者から、ユーザーを保護するために作られた仕組みがHTTPS(SSL)です。
HTTPSのSは「Seure(安全)」を表す言葉で、ユーザーが安全にインターネットを利用することができるように、インターネットでやり取りされる情報を暗号化するための仕組みのことです。

常時HTTPS化(SSL化)とは

httpとhttps

ウェブサイトのURLを見ていただくと、「http://」から始まるURLと、「https://」から始まるURLの2種類があります。
「SSLサーバー証明書」と呼ばれる、第3者機関により発行される電子証明書を取得し、「http://」から始まるURLを「https://」にすることを「SSL化」といいます。記事などのページはSSL化せず、「ログイン情報」、「決済情報」、「個人情報」などを入力するページのみSSL化しているウェブサイトもあります。

一方で、部分的にだけではなく、ウェブサイト全てのページをSSL化することを「常時SSL化」と言います。
常時HTTPS化(SSL化)を行うことで、ウェブサイト全体のデータ通信を暗号化し、ユーザーがより安全に利用できる環境を構築することが可能です。

近年、常時HTTPS化(SSL化)がどんどん進んでおり、企業が運営するウェブサイトをはじめとし、個人運営のウェブサイト、ブログなどで常時HTTPS化(SSL化)することは、もはや必須になりつつあります。

HTTPS化はSEOに影響する?

httpsとSEO

では、常時HTTPS化(SSL化)はSEO対策として有効な施策でしょうか?

結論からお伝えすると、常時HTTPS化(SSL化)はSEO対策として有効な施策の1つです。
冒頭でも少し触れましたが、Googleの公式ブログの情報情報によると、「常時HTTPS化(SSL化)することをランキングアルゴリズムとして考慮する」と発表しています。 (※1)

またGoogleは「ユーザーのセキュリティを最優先に考える」ことを発表しており、同じコンテンツの「http://」ページと「https.//」ページがある場合、「https://」ページを優先的に検索結果に表示させることを発表しています。(※2)

つまり、常時HTTPS化(SSL化)することは、SEO対策として効果的な施策の1つであるということです。
では、常時HTTPS化(SSL化)はどの程度SEO対策として有効なのでしょうか?
検索順位を決定するアルゴリズムは200以上存在すると言われており、検索順を決める指標の1つとしてこの常時HTTPS化(SSL化)があります。
各指標によって、SEO対策としての効果に大小があり、常時HTTPS化(SSL化)することは、検索ワードとの関連性や、記事の品質などの要素と比較すると、その効果は大きくありません。(※1)

しかし、「これから長い期間をかけて強化する予定」との発表もしており、大手のウェブサイトをはじめとする多くのウェブサイトでは常時HTTPS化(SSL化)されています。
2019年7月28日時点で、SSL化(HTTP化)されたウェブサイトはGoogleの94%と、常時HTTPS化(SSL化)は着実に進んでいます。(※3)

常時HTTPS化(SSL化)は、発表時点ではSEO対策としての効果は大きくないとのことでしたが、

  • 今後長期的に常時HTTPS化(SSL化)を強化する
  • 大手企業をはじめとする多くのウェブサイトが常時HTTPS化(SSL化)に対応

という内容を踏まえると、今後実施が必須の施策の1つと言えるでしょう。

(※1)Google ウェブマスター向け公式ブログ: HTTPS をランキング シグナルに使用します
(※2)Google ウェブマスター向け公式ブログ: HTTPS ページが優先的にインデックスに登録されるようになります
(※3)ウェブ上での HTTPS 暗号化 – Google 透明性レポート

HTTPS化をするメリット・デメリット

PCを操作する男性

ここでは、常時HTTPS化(SSL化)のメリット・デメリットをご紹介します。

メリット

SEO対策として有効

「HTTPS化はSEOに影響する?」でも紹介しましたが、SEO対策として有効な施策の1つです。
現在は常時HTTPS化(SSL化)による、SEO対策としての効果はそれほど大きくありませんが、掲載順位を決める要素の1つであると公表されています。また、Googleが「これから長い期間をかけて強化する予定」と公表しているので、今後、SEO対策に必要な要素となりえるでしょう。

セキュリティ

情報を暗号化することで、ウェブサイトの盗聴や改ざんなどのリスク対策となります。
特に個人情報やクレジットカードなどの支払い情報などを扱う場合、常時HTTPS化(SSL化)は必須です。個人情報やクレジットカード情報の流出は大惨事になりますので、ユーザーだけでなく、ウェブサイトの運営元自身を保護する意味でも、常時HTTPS化(SSL化)した方が良いでしょう。

ユーザーから信頼される

ブラウザがアップデータとしたことにより、常時HTTPS化(SSL化)されていないウェブサイトを開くと、URLバーに「安全ではありません」と警告が表示されるようになりました。
「安全ではありません」と警告が表示されているウェブサイトを、積極的に利用したいと思うユーザーは多くはないでしょう。
どんなに魅力的な記事が掲載されていても、「安全ではありません」と言う文言を見るだけで、離脱してしまうユーザーもいるかと思います。
常時HTTPS化(SSL化)することで、知見のあるユーザーに対しては「このウェブサイトは安全である」ことの証明として信頼を得ることができ、知見のないユーザーに対しては、「安全ではありません」と言う文言がないことで、ウェブサイトに対する安心感を与えることができます。

デメリット

コストがかかる

常時HTTPS化(SSL化)には有料で利用できるサービスと、無料で利用できるサービスがあります。 有料サービスの場合、「初期導入費用」と「契約期間の利用料金」を支払う必要があります。契約期間ごとに料金が発生するので、予算を相談した上で、目的にあったサービスを利用しましょう。

数値がリセットされる

常時HTTPS化(SSL化)することで、ソーシャルボタンの計測や、Google Search Console(ウェブサイトの登録、検索結果での掲載順位、ページごとの表示回数、クリック数などを計測できるGoogleが無料で提供しているツール)など、計測ツールの数値がリセットされます。
Google Search ConsoleではURL単位で計測しているため、「http://」から 「https://」に変更されると改めて登録が必要となり、「https://」から始まる新しいURLの数値を0から計測を行うこととなります。

常時HTTPS化(SSL化)の実装方法

開発をする様子

運営するウェブサイトを常時HTTPS化(SSL化)するために調査をしていると、無料のサービスから有料のサービスまで、多くの選択肢が出てきます。
各サービスにどのような特性があるか理解した上で、運営するウェブサイトに適したサービスを選択しましょう。

SSL証明の種類

SSL証明書を発行する際ドメインに対して調査が行われ、その認証レベル(調査内容や取得の難易度など)により以下3種類に分類されます。
各SSL証明書は、認証レベルの違いによる信頼度やサービス内容は大きく異なりますが、通信を保護する強度については無料のサービスも、有料のサービスも同じです。

ドメイン認証SSL証明書

ドメイン所有者の確認を行って発行するSSL証明書です。無料~格安で利用できるため、個人のウェブサイトや、個人情報や決済情報を扱わない企業のウェブサイトなどに利用されます。

組織認証SSL証明書

ドメイン所有者と、所有している組織が実在しているか確認を行って発行するSSL証明書です。企業のウェブサイトや、個人情報や決済情報を扱うウェブサイトなどに利用されます。

EV SSL証明書

組織認証SSL証明の確認事項に加え、EV SSL証明書ガイドラインによって厳選な審査が行われる、もっとも信頼性の高い証明書です。大手企業のウェブサイトや金融機関のウェブサイトなどに利用されます。

常時HTTPS化(SSL化)の設定方法

次に常時HTTPS化(SSL化)の設定方法をご紹介します。
まず、個人でウェブサイトを運営する場合に多く利用されている、エックスサーバーで設定する方法をご紹介します。
エックスサーバーは無料で常時HTTPS化(SSL化)の設定ができ、ページの表示速度が速いためSEO対策しておすすめのレンタルサーバーです。

  1. サーバーパネルにログインし、「SSL設定」をクリックします。
  2. 「独自SSL設定追加」をクリックし、設定するドメイン、またはサブドメインを選択し、「確認画面へ進む」をクリックしてください。
  3. 内容を確認し、問題がなければ「追加する」をクリックします。
  4. 「SSL設定一覧」をクリックし、設定したドメインが表示されていれば完了です。設定直後は、ドメイン名の右側に「反映待ち」と表示されていますが、最大1時間で設定が完了となります。

参照:無料独自SSL設定 | レンタルサーバー【エックスサーバー】

難しい設定は特になく、プログラミングの知識がいない方でも、非常に簡単に設定することが可能です。また、そのエックスサーバー以外のサービスを利用する場合は、サービスによって設定方法が異なります。設定する際は以下の手順で実施しましょう。

  1. 利用したいSSL証明発行サービスが、現在利用しているレンタルサーバーに対応しているか確認しましょう。
  2. 対応確認が取れたら、各SSL証明発行サービスのガイダンスに沿って手続きを進めます。
  3. SSL証明が発行されたら、利用しているレンタルサーバーに掲載されているガイダンスに沿って設定するという流れになります。

正しく常時HTTPS化(SSL化)してSEO効果を高めよう

goodな男性

ウェブサイトの常時HTTPS化(SSL化)後、「http://」と「https://」2つのURLで同じ内容のウェブサイトが存在することとなります。 2つのURLは、それぞれ別のウェブサイトとしてみなされるため、せっかくSEO対策として常時HTTPS化(SSL化)しても、評価が分散してマイナスになる場合があります。
そこで、常時HTTPS化(SSL化)したウェブサイトがGoogleから正しく評価されて、1つのページとして認識されるように、常時HTTPS化(SSL化)完了後に必要な作業をご紹介します。

リダイレクト処理

常時HTTPS化(SSL化)が完了したら、「http://」ページから「https://」ページにリダイレクトするよう設定しましょう。
リダイレクトを行わなかった場合、「http://」ページのまま表示されてしまい、また、「http://」で獲得したリンクの評価を常時HTTPS化(SSL化)した「https://」ページへ引き継ぐことができません。
SEO対策として常時HTTPS化(SSL化)を行ったのに、ページの評価が引き継げず評価が分散してしまうと、SEO対策としてはマイナスとなります。常時HTTPS化(SSL化)した「https://」ページへのリダイレクト処理は必ず行いましょう。

canonicalの確認

常時HTTPS化(SSL化)のURL変更に伴い、canonical(ページの内容が重複している場合、評価が分散されないように、どれが正規のURLか検索エンジンに示すために記述する)の記述を変更する必要があります。
canonicalについてはGoogleの公式ブログでも記載されており、「http://」に向けたcanonicalのリンクから変更されていない場合、評価されるのは常時HTTPS化(SSL化)されていない「http://」になるとのことです。
canonicalで「http://」の記述している箇所があれば、必ず「https://」に変更しましょう。
参照:canonicalとは

Google Search Consoleの設定

SEOの評価とは直接的な関係はありませんが、URLが変更された場合、Google Search Consoleは再登録が必要となります。Google Search Consoleは検索結果での掲載順位や表示回数、クリック数など、SEO対策を行う上ではマストで必要となるツールです。
「どのページからの流入が多いか?」「どんなキーワードで何位に表示されているか?」などの効果検証ができなくなり、施策の検討ができなくなりますので、常時HTTPS化(SSL化)でURLが変更されたら、忘れずに再登録しましょう。

まとめ

PCと鍵

今回は常時HTTPS化(SSL化)とは何か。また、常時HTTPS化(SSL化)のSEOへの影響と実装方法についてご紹介しました。
常時HTTPS化(SSL化)はSEO対策としても有効で、かつユーザーが安全にウェブサイトを閲覧するための要素の1つとなります。
また、近年ではGoogleが力を入れて取り組んでいる内容となりますので、メリット・デメリットをしっかりと理解した上で、運営するウェブサイトの常時HTTPS化(SSL化)を検討してみてはいかがでしょうか。

WEBでのお問い合わせはこちら