美しい4K動画

4K動画をマーケティングで活用するメリットとは?

美しい4K動画

4KのKはキロを示す単位です。4Kは4,000という意味です。今回は、家電量販店に行くと目にすることが多くなった4Kについてその概要や特徴、マーケティングで活用するメリットや実際の活用事例について紹介していきます。

4Kとは

4K動画を見る女性

4Kとは映像における画面解像度のことです。横4,000×縦2,000ピクセル前後の解像度に対応した映像を指します。

解像度とは画素の密度を表す数値のことです。縦×横でそれぞれを何分割しているかという数値を示します。4Kの解像度とは横に4,000、縦に2,000分割前後されていることです。同一の画面サイズにおいて、分割は細かいほど鮮明に写ります。

4Kが注目されるようになった理由は、テレビの画面サイズが大きくなり、大きくて画像がきれいだと購入者が増えたからです。フルハイビジョンというのが流行りましたが、4Kはフルハイビジョンの4倍の画素数となるのでとても精度が高く美しいです。

画面サイズが大きくなると、ひとつひとつの画素が大きくなっただけですので、映像の解像度が同じであるとき画質は荒く見えてしまいます。アナログ放送時代は、解像度でいうと720×480だったと言われています。フルハイビジョンだと、1920×1080です。ここまで解像度を上げることに成功しています。

4Kは、光の照射具合や構図を工夫することで立体感を持った映像を表現できたり、スポーツなどの動きの大きいものや海の水しぶき、木々の揺れなど細やかな動きを臨場感が得られるように表現できたりします。

4K動画をマーケティングで活用するメリット

メリット

4Kをマーケティングで活用するメリットはどのようなものがあるでしょうか。4Kの特色を生かして、マーケティングに取り入れるメリットをご紹介します。

繊細な表現ができる

画素数が多いため、細かい表現や情景を表現できます。小さいものや景色などの色合いが重要な被写体を撮影する場合や、編集で拡大や縮小を予定している場合映像の質を落とすことなく配信できます。

フルハイビジョンで書き出す際に有用

4K動画はファイル容量が大きいうえ、再生する端末によってはフルハイビジョンで事足りる場合もあります。その際4K動画をフルハイビジョンに変換するのがおすすめです。4Kで撮影した動画は、解像度が高い分彩度や明度を細かく表現できます。そのためズームした際にも映像の質が落ちません。

撮影時は4Kで少し広めの画角で撮影し、編集時にフルハイビジョンに変換し配信したい箇所にズームすることで質を落とすことなく映像を編集できます。

たとえば撮影した動画の端に手などが写り込んでおり、動画を少しズームインしたいと思うことがあるかもしれません。ズームインによって写り込んでいた手を排除する場合フルハイビジョンで撮影した動画では画質が荒くなってしまいます。より高い解像度である4K動画を元データに利用することで画質を保ったまま動画を編集できます。

4K動画をマーケティングで活用するデメリット

デメリット

繊細な表現で、魅力ある表現が可能な4Kを、今すぐ取り入れたくなった方も多いのではないでしょうか。導入を決める前に、デメリットも確認していきましょう。

データ容量が大きい

解像度が高いため、動画内の情報量が多く長時間撮影すると動画の容量が大きくなります。編集や書き出しの際にも時間がかかったり、コンピュータの性能によっては処理しきれなかったりします。

バッテリーの消耗が激しい

撮影するカメラや編集するコンピュータが取り扱う情報量が多いため、バッテリーの消耗も激しくなります。2019年現在のマシンスペックで長時間の撮影、編集は難しいです。

対応している再生デバイスが少ない

テレビやモニターなど、4K動画に対応したデバイスが少なく撮影、編集しても再生できない場合があります。また大画面でなければフルハイビジョンとさほど質も変わらないため、容量の小さいフルハイビジョンが用いられることも少なくありません。

4K動画のマーケティング活用事例

L’OREAL

ヘアトリートメントやヘアケアのブランドです。Kerastase Parisというヘアトリートメントの商品をプロモーション動画に取り入れ販売しました。オンラインでは、この商品の良さをユーザーに伝えにくいと考え、動画広告を利用して売上を伸ばすことに成功しました。

売り上げ停滞の原因は、商品が高価格なので利用者に対して商品説明をすることが必要で、販売経由は主に店頭でした。このことが原因でオンライン販売の妨げになっており、売上が伸びずにいました。

しかし、商品の説明や使い方など店頭で接客しているような細かい説明を動画にして広告を作ったことで、購入率が2倍アップし成功しました。動画広告を視聴した9割が最後まで視聴し、購入に繋がったというデータが出ています。

総務省

2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピックに向けたロードマップの中で、2014年から衛星放送やCATVなどで4Kの試験放送が、2015年には実用放送が開始されました。2020年には4Kの放送が本格的に普及し、市販のテレビで視聴可能となっている状態を目指しています。

また、総務省は4Kの技術が地上波、衛生放送のみならず広告や医療、デザイン。映画、教育などの分野へ応用されることを期待しています。それに伴いテレビのモニターやモバイル端末、配信システムなども4Kに対応することが必要となり大きな市場が形成されることを期待しています。

引用元:http://www.soumu.go.jp/main_content/000369915.pdfより

4K動画の編集ソフトを選ぶポイント

たくさんの4K動画

4K動画を選ぶ際に用途に応じて確認するポイントは下記の4点です。

ソフトウェアの価格

4K動画の編集に対応しているソフトウェアは無料のものから数万円するものまで幅広く存在しています。無料のものはある機能に特化しており統合して編集を行えなかったり、開発、サポートがストップしておりバグなどが起こる可能性があったりするため、商用動画を作成するのであれば有料ものを利用することをおすすめします。

価格は安いもので5,000円から、高機能なものであれば100,000円近いものもあります。家庭用であれば最低限の編集機能が搭載されている安価なもので問題ありません。

動画のフォーマットに対応しているか

使用しているカメラの録画形式に対応しているソフトウェアであるか確認しましょう。中には4K動画自体に対応していないソフトウェアも存在するため購入、ダウンロード前に確認が必要です。

実施したい編集機能が搭載されているか

BGMの挿入や書き出しのフォーマット、エフェクトの追加などイメージしている動画を作成できる機能が搭載されているかを確認しましょう。

簡易編集モードがあるか

高価なソフトウェアを購入しても使いこなせないケースも少なくありません。ソフトウェアの中には素材を入稿すると自動で編集を行ってくれる機能が搭載されているものもあります。大まかな処理は自動編集に任せ、微調整やエフェクトの追加のみ自身で行うことで初心者でも効率的にハイスペックな動画を作成できます。また時間的に制約がある方も自動編集機能を利用することで編集時間を削減できます。

4K動画のおすすめ編集ソフト

動画を編集する手

当然ですが、すべてのソフトウェアが4K動画編集に対応しているわけではありません。ここでは、4K動画編集におすすめの編集ソフトをご紹介します。購入する前に、よく比較・検討してみてください。

Final Cut Pro X

Apple社純正の動画編集ソフトウェアでMAC OSのみに提供されています。直感的に操作でき、処理も速い点が特徴です。家族ビデオやYouTubeへの投稿用の動画、企業のプロモーション動画など動画編集に慣れていない方からプロまで幅広く利用されているソフトウェアです。

OS:MAC OS

Premiere Pro CC

Adobeが提供する動画編集ソフトウェアの中で最上位のものです。動画編集に慣れない人にとっては操作性が複雑で理解が難しい一方で、操作に慣れればこのソフトウェアで実現できないことはないと言えるほど機能が充実しています。

また、Adobeが開発しているソフトウェアであるためPhotoshopなどの他のソフトウェアとも組み合わせてクオリティの高い動画を作成できます。

OS:Windows、MAC OS

PowerDirector 15 Ultimate Suite

ユーザーインターフェースが直感的で動画編集ソフトやパソコンの操作になれていない人でも簡単に動画編集を行えます。またユーザーインターフェース上のワークフローもわかりやすく設計されているため、時間的コストを削減しながら編集できる点が特徴です。エフェクトやプラグインも豊富に用意されており、処理も速いためストレスなく編集を行えます。

さらに、2019年現在、スマートフォンで動画コンテンツを消費する機会が増えてきましたが、それに対応するために縦型動画の編集も可能です。編集した動画をソフトウェア上でYouTubeなどのSNSにアップロードできる点も利用するメリットです。

OS:Windows

VideoStudio Pro X10

タイムライン上の編集が直感的に行えるため初心者でも安心して利用できます。フィルターやエフェクトが充実しており1,500種類以上あるため、切り貼りした動画をよりハイクオリティに仕上げられます。

OS:Windows

おわりに

4Kのイメージ

今回は4K動画についてその定義や特徴、マーケティングでの活用事例、おすすめの編集ソフトについて解説しました。4Kとは映像における解像度のことでテレビ画面のサイズ拡大に対応するために開発されました。立体感のある動画や動きの速い動画などをなめらかに再生できる一方で情報量が多く処理に時間がかかるため、長時間の撮影、再生には向いていません。

4K動画はマーケティングにも積極的に取り入れられており、国内外の大手メーカーや政府も注目し活用しています。

これからデバイスやコンピュータの性能が向上するにつれて普及してくることが期待される4K動画について活用の準備を始めてみてはいかがでしょうか。

WEBでのお問い合わせはこちら