meta-descriptionと書かれたキーボード

meta description(メタディスクリプション)とは?SEOとの関係や設定のポイント

meta-descriptionと書かれたキーボード

サイトのアクセス数を増やしていくためには、Googleからの評価を上げる必要があり、そのためには正しいSEO対策が必要になってきます。

Googleが重要視しているポイントのひとつに、利便性を上げると言うものがあります。

利便性の高いサイトとは、読者が使いやすく、知りたい情報が的確に書かれていなければいけません。つまり、より読者の立場にたったサイトの構築が必要になるわけです。

SEO対策と一口にいっても、プログラミングからコンテンツの内容まで、さまざまなものがあります。meta descriptionは、最初に読者の目に触れる重要なコンテンツです。正しく設定することでサイトの評価を高めることに繋がります。

本記事では、meta descriptionのメリットや設定のポイント、正しい記述方法について解説していきます。

meta descriptionとは

meta descriptionは、検索結果に表示される短いテキストのことで、サイト名の下に概要として表示されます。

meta-descriptionサンプル

通常は、スニペットやリード文などが使われることが多く、meta descriptionはスニペットを表示するためのコードとして使われる場合が一般的です。

最近では、テキスト以外にも動画のサムネイル画像や、本文内から抽出された特定の情報が表示できるリッチスニペットなどもあり、さらにmeta descriptionの重要性が増しています。

meta descriptionとリード文の違い

meta description、スニペット、リード文は、厳密に言うとそれぞれが違うものです。ですが、明確な違いを意識して使っているケースは少ないようです。

ブログ記事などを執筆し更新したことがある方なら、100文字前後でリード文を作るようにとSEOの解説サイトなどで見たことがあるのではないでしょうか。

基本的にmeta descriptionはHTMLのヘッダー内のmetaタグと呼ばれる箇所に記述します。

一方で、タイトル後の導入文をリード文として使用しているところでは、検索結果にも記事本文にも同じテキストが表示される可能性があります。

ただし、この場合、meta descriptionとして設定していなければ、Googleはクエリから最適と思われる部分を自動的に抽出して検索結果に返しますから、必ずしも導入文が表示されるわけではありません。

meta descriptionもリード文も内容的には一緒ですから、CTRを上げるためにも必ずmeta descriptionとして設定しておきましょう。

meta descriptionにおける文字数

meta descriptionの文字数について、Googleの方から正式な情報は開示されていません。アップデートごとに文字数が変わることもあり適切な文字数と言うのは一概に決められないのです。

かつてmeta descriptionといえば80~120文字までが一般的とされていましたが、その後、300文字以上にまで増え、2019年5月現在では150文字前後とされています。

文字数が多ければ多いほど、サイトの情報を詳しく伝えることができるのですが、今後のアップデートによって変更される可能性が高いことから、meta descriptionを何文字に設定するのかは判断の分かれるところですが、120文字以内におさめるのが一般的となっています。

meta descriptionを設定するメリット

CTRがアップする

Googleからの公式発表にもあるように、meta descriptionが検索順位に直接影響を与えることはありません。meta descriptionを設定することでもっとも大きな影響を与えるのはCTRについてです。

CTRとは、実際に閲覧された回数を検索結果として表示された回数で割ったもので、「クリックされた数÷表示された数×100」で表されます。

100回検索結果として表示され、10回閲覧されたとすれば、

10÷100×100=10%

つまり、CTRは10%になるわけです。

検索順位とCTRは比例していて、検索順位が高いほどCTRは高くなっていきます。

Internet Marketing Ninjasが発表した2017年におけるGoogle検索順位とCTRの関係は次のようになっています。

1位:21.12%

2位:10.65%

3位:7.57%

4位:4.66%

5位:3.42%

6位:2.56%

7位:2.69%

8位:1.74%

9位:1.74%

10位:1.64%

参照:Announcing: 2017 Google Search Click Through Rate Study

通常検索結果は1ページに10位まで表示されますが、同じページ内にあっても1位と10位では20倍もCTRに違いがあるのです。

検索結果の1位と2位では、約2倍の差がありますが3位から5位は3%、5位から10位は2%の差しかありません。

meta descriptionを適切に設定することで、この差を縮め、順位以上に多くの人にサイトを見てもらう可能性が増えるのです。

meta descriptionを設定しない場合のデメリット

meta descriptionを設定しなくても、スニペットは表示されます。Googleは、検索者に適切なクエリを返すために、本文内から関連性の高い部分を切り取って検索結果に表示するのです。

ただ、この場合、サイトの作成者が伝えたい内容が伝わらない、機械的に抽出されているため意味不明な文章になってしまう、といったデメリットが考えられます。

その結果、検索結果に表示されてもどんなことが書いてあるページなのかが伝わりづらく、上位表示されても訪問してもらえないと言うケースもでてきます。

meta description作成のポイント

meta descriptionの設定をする人

meta descriptionの最大のメリットは、CTRを上げることですが、そのためには、「検索した人の知りたい答え」がそのサイトにあることを伝える必要があります。

Googleの公式サイトでは、meta descriptionについて次のように書かれています。

一般的に、メタ ディスクリプション タグはページの内容を簡潔かつわかりやすく要約したもので、ユーザーの関心を惹くものである必要があります。つまり、そのページがまさに探していたものだとユーザーに確信させる、宣伝文句のようなものです。

引用元:Search Consoleヘルプ 適切なメタディスクリプションを作成する

meta descriptionは、ページの内容を簡潔かつわかりやすく要約する必要があります。

ここでは効果的なスニペットとしてのmeta descriptionを記載するポイントについて解説します。

検索キーワードの設定を行う

検索キーワードとは、meta keywordsタグによって設定できるもので、検索エンジンにサイト内の情報を伝えるために用いられます。

2019年5月現在、meta KeywordsはSEOに影響しませんが、記事を書く上ではとても重要です。

検索キーワードを意識していないと記事の内容がぼやけてしまい、誰に対するどんな記事なのかがはっきりしなくなってしまいます。結果として、Googleからも何について書かれたページかよく分からないと判断され、評価も下がってしまうことが考えられるのです。

キーワードはできるだけ前の方に入れる

同様に、検索キーワードはmeta descriptionの前の方に持っていくことを意識します。その理由は2つあります。

検索者に直感的に選んでもらうため

スマートフォンの普及にともなって、Webの閲覧者は70%に迫る勢いです。パソコンと違い、スマートフォンは誰でも簡単に、直感的に操作ができることが強みです。

また、表示された画面も指でなぞるだけで簡単にスクロールできてしまうため、じっくりと読ませると言う方法は向いていません。

そのために、調べたいキーワードがすぐ目に付くよう、できるだけ前半部にキーワードを持ってくることが望ましいのです。

meta descriptionの表示文字数に関わるため

前半でも説明したように、meta descriptionの文字数は流動的です。さらにパソコンとスマートフォンによっても表示される文字数が違うのです。

2019年5月現在、パソコンのmeta descriptionが120~150字程度なのに対し、スマートフォンは50~100文字程度しか表示されません。

基本的に、meta descriptionはパソコンもスマートフォンも同じ文章ですから、パソコンを中心にmeta descriptionを設定してしまうと、後半部分が表示されないケースがあるのです。

キーワードをなるべく前に置くことで、たとえmeta descriptionが全文表示されない場合でも、検索者にしっかりと意味を伝えることができるのです。

CTRの上昇が期待できる効果的なmeta descriptionの書き方には以下のポイントに注意する必要があるのです。

キーワードは自然な形で入れる

meta description内のキーワードは、自然な文章になるように配置します。キーワードの数に制限はありませんが、あまりに多い、不自然に連続するといった場合はGoogleからの評価が下がる原因にもなります。

メタ ディスクリプションに多数のキーワードを使用すると、ページのコンテンツをユーザーに明確に伝えることができず、通常のスニペットの代わりに表示される可能性は低くなります。

引用元:Searcu Console ヘルプ 検索結果に効果的なタイトルとスニペットを作成する

通常は1~3個程度、文章が不自然にならないように注意して使用します。

meta descriptionはページごとに設定する

サイト全体、あるいは分割されたサイトの一部に対し、同じmeta descriptionを使い回すことは効果的ではありません。meta descriptionは、必ず1つのページ(記事)に対し、1つのmeta descriptionを設定するようにします。

必要な情報を記載する

meta descriptionは、必ずしも文章である必要はありません。レビューサイトや通販サイトの場合、商品の紹介文の一部を入れるより、価格やメーカー、成分といった具体的な商品情報を箇条書きで設定した方が効果的なこともあるのです。

Googleの公式サイトでも、meta descriptionは文章形式にこだわる必要はないと明記してあります。

meta descriptionは本文中に表示されない

適切にmeta descriptionが設定されている場合、検索結果に表示される文章は記事本文に表示されることはありません。(プラグインなどで記事の一部をmeta descriptionに設定している場合を除きます)

ですから、内容を表示しすぎることで検索者にクリックされないのではないかといった心配をする必要はないのです。

効果的と言えないmeta descriptionとは

効果のでないmeta descriptionに悩む女性

効果的ではないと思われるmeta descriptionには、以下のようなものがあります。

具体的な内容がわからない

120文字前後で伝えられる情報には限りがあります。あいさつ文やあいまいな内容のmeta descriptionは、文字数ばかりかさんでしまい、検索者にサイトの内容を伝えることができません。

どのような人に読んでもらいたいのか、どんな内容が書いてあるのか、読むことでどのようになるのか、といった部分に注意してmeta descriptionを設定しましょう。

meta descriptionの内容がCTRに影響することもある

meta descriptionに情報を詰め込むことは間違ってはいませんが、サイトによってはCTRを下げてしまう場合もあるのです。

したがって、サイトの種類によって適切なmeta descriptionを設定する必要があります。

検索キーワードによる違い

通常、それぞれのサイトは検索キーワードを意識して作られています。キーワードは、単一のこともあれば、複数の単語が組み合わされているものもあり、後者の方がより検索者の意図がはっきりしています。

検索者が必要としている情報によっては、meta descriptionの設定次第でサイトを訪問されづらくなることも考えられるのです。

How to関連

何かをするための手段を知りたい場合、検索者は「○○ ××する方法」のように検索することが多いです。

たとえば、「ダイエット 無理なく痩せる方法」とか「髪の毛 増やす方法」のように、検索者は、どうすれば問題が解決できるのかを知りたいわけです。

この場合、注意するのは「結果は伝えてもいいが、過程はできるだけ伝えない」ことです。

ダイエットであれば「私は、この方法を使って3ヶ月で10kg痩せた」はOKですが、「私は、縄跳びを1日30分やって10kg痩せました」はCTR的にあまりよくはありません。

検索者の知りたい方法がmeta descriptionに書かれてしまっているので、サイトを訪問する必要が少なくなってしまうのです。

検索結果には、「私は、友人から教わったダイエット方法で3ヶ月後に-10kgを達成した」とか「僕は、親戚が実践していた方法を使って薄毛を克服できた」のように結果を中心にして、検索者にそのページを読むことで具体的な方法が分かると言うことを伝える必要があるのです。

meta descriptionの設定方法

meta descriptionのコード

それでは、Webサイトにmeta descriptionを設定するための方法を説明していきます。

meta descriptionの記述方法

meta descriptionは、HTMLのhead要素の中に設置します。

具体的には、

<meta name=”description” content=”リード文”>

で、記述されます。

ただ、WordPressでサイトを構築している場合は、ほとんどのテーマでデフォルトのmeta descriptionを表示する機能が付いていますし、All in one SEOなどのプラグインを使って適切なmeta descriptionを設定することが一般的となっています。

この場合は、meta descriptionと書かれた箇所に入力するだけで、HTMLを操作する必要はありません。テーマによっては、記事本文の中から任意の箇所をmeta descriptionとして設定できるものもあります。

また、meta descriptionを自動生成したくない、と考えている場合は、

<meta name=”nosnippets”>

と記述することで、Googleの自動生成もストップできます。

meta descriptionが正確に反映されない場合

<meta name=”description” content=””>などを使用して適切な場所にタグを挿入したのにもかかわらず、検索結果に反映されない場合があります。

原因としては、Googleが検索クエリと記事内容の親和性が低いと判断したことが考えられます。

そもそも、meta descriptionは設定したからと言って100%その文章が表示されるわけではないのです。meta descriptionは、Googleが記事本文から抜粋するよりも、タグで指定された説明文の方が、より検索結果を正しく伝えることができると判断した場合のみ使用されます。

したがって、意図したキーワードであるにも関わらず設定したmeta descriptionが表示されない場合は、記事の内容を正しく伝えられていないと判断するべきです。この場合は、もう一度、記事内容を分析してmeta descriptionを書き直す必要があります。

ただし、関連キーワードからの検索結果の場合はこの限りではありません。意図しないクエリからの流入はプラスアルファと考えておきましょう。

自動生成の傾向

meta descriptionを設定しない場合、Googleはその記事内からもっともクエリに近いと判断した部分を切り抜いて表示します。この際、Googleはクエリとして使用されたキーワードの前後の部分を抽出してmeta descriptionとして表示するのです。

もし、meta descriptionを設定せず、記事の導入文をそのままmeta descriptionとして利用してもらおうと考えている場合、あいさつや定型文は無駄になってしまいます。

meta descriptionの正しい書き方のところでも述べたように、導入文のできるだけ前の方に検索キーワードを配置し、具体的な記事の内容を説明することが重要です。

おわりに

meta descriptionと書かれた黒板

meta descriptionは、検索順位に直接影響することはありませんが、CTRの上昇やユーザービリティーの向上に繋がります。

効果的なmeta descriptionとするためには、文字数をなるべく120文字以内に抑え、記事に設定したキーワードを1~3個、自然な形でできるだけ前半部分に挿入することが重要です。

正しく設定されたmeta descriptionは、ユーザーの利便性の向上につながるため、Googleからの評価も上がり、CTRを上げる効果も期待できます。SEO対策がうまくいっていないと感じている場合は、基本に立ち返ってmeta descriptionの設定を直してはいかがでしょうか。

WEBでのお問い合わせはこちら