動画制作を始めるイメージ

動画制作会社を選ぶときのポイントや行うべき準備とは

動画制作を始めるイメージ

動画コンテンツは、スタジオやキャストなど自社でまかなえない部分があり、制作会社に依頼することも多いでしょう。しかし、YouTubeなどの動画プラットフォームの発展により動画制作会社が乱立していて、どの会社に依頼していいのか迷うところです。

そこで今回は、動画制作会社を選ぶ際のポイントや、事前に行っておくべき準備について紹介していきます。

動画制作時に最低限行うこと

動画制作の目的イメージ

動画コンテンツを制作会社に依頼して作ってもらう際には、依頼時にイメージした動画と納品された動画に齟齬がないよう、目的やターゲットユーザーを定めておくことが大切です。

重要なポイントについて解説しておきます。

目的を1つだけ定める

動画コンテンツには目的を1つだけ定めるようにしましょう。これは動画制作を行う上で非常に重要です。何を伝えたいのか、ユーザーにどう感じてほしいのかを明確にするために、目的は1つである必要があります。

目的を定めるためのフレームワークとして6Wというものがあります。

What(何を)

動画のテーマとなる部分です。何を動画の主役としたいのかを1つだけ設定しましょう。

Why(なぜ)

「What(何を)」で設定した主役をどうしたいのかを設定します。例えば何かの商品の動画であれば、ブランディングをしたいのか、購買促進をしたいのかなどを明確にします。

特にマーケティングにおいてはユーザーの行動フェーズに応じて以下の5つに「Why(なぜ)」を分類できます。

  • 興味、関心

ユーザーの購買行動の中では最も初期の段階です。商品を認知してもらい、興味を持ってもらうという目的です。この段階ではまだユーザーは購買意欲が高いわけではないため、商品の詳細説明などは効果的ではありません。美しいロケーションを用いたり、著名人を起用したりして印象的な動画を作ることが重要になってきます。

また、動画コンテンツにはSNSなどでシェアされやすいという特性があるため、インパクトのある動画を制作できれば副次的な効果も期待できます。

  • 理解

興味を持ってくれたユーザーに対して、商品の魅力やメリットなどを解説し、商品への理解を促す目的です。この段階でもまだユーザーは購買意欲が高いとは言えないため、商品の情報を端的に伝えることが重要です。

また、動画内や説明欄などに商品詳細ページの誘導を貼るなどして、さらなる理解を促すことも効果的です。

  • 納得

商品の大枠について理解してくれたユーザーに商品の価値を知ってもらうという目的です。競合他社と比較をした定量データや具体的な利用ケースを伝えることにより、ユーザーのニーズに応えられることを示すことが重要です。

  • 判断

購入する判断をする最後のひと押しとして有効なのがお客様の声です。ECサイトでも購入判断に口コミを使うことが多いのではないでしょうか。購入へ踏み切れるよう他のユーザーの生の声を動画へ取り込むことが重要です。

  • 購入

購入後、リピーターやロイヤルカスタマーとなってもらえるよう商品のアップデート情報や新商品の発売、FAQなどアフターケアが充実していることをアピールすることが重要です。

また、納得や判断フェーズのユーザーにとってもアフターケアが充実していることを示すのは購入へ進む助けをしてくれることでしょう。

Who(誰が)

誰からのメッセージかという点をはっきりさせることで、ユーザーに受け入れられやすい動画を制作できます。

Where(どこで)

ユーザーが動画をWeb上のどこで見るのかという点です。SNSのタイムライン上でたまたま目にするものなのか、ブランドネームで検索し流入したサイトで掲載するものなのかにより、ユーザーの動画への関心度も異なります。

When(いつ)

「Where(どこで)」と共通するところもありますが、ユーザーがどういうシチュエーションで動画を見るかというところに着目する必要があります。製品説明を見ている時間なのか、移動時間に情報収集をしているのかによって、動画内に含める情報量などが変わってきます。

Whom(誰に)

年齢や性別、地域や興味のカテゴリなど誰に向けた動画なのかをはっきりさせることが重要です。

動画制作の価格相場とは

動画制作の価格を提示する男性

動画制作にはどのくらいの費用がかかるのでしょうか。ここでは一般的な相場を紹介していきます。

  • インタビュー撮影:〜15万円

特別な演出や編集は必要なく撮影時間も短いことが多いため、動画制作の中では比較的安価で依頼できます。

  • セミナー・イベント撮影:5〜70万円

セミナーやイベントは1時間を超えるものが多く、視聴者が飽きることがないよう撮影にアングル数を増やしたり、BGMや挿入動画などを入れたりするためインタビュー撮影よりは高めです。

  • Webムービー制作:20〜80万

一般的なWebムービーは脚本が必要となり、アニメーションなどの高度な編集が必要な場合もあります。そのため撮影したものをベースに多少の編集を加えるインタビューやセミナーの撮影よりは高価です。

  • 会社紹介・PR映像制作:25〜100万

Webムービー制作と同じく、脚本や編集が高度になるため高価です。

  • テレビCM制作:50〜300万

動画制作のなかでもテレビCM制作は最も高価です。撮影スタジオを借りたり、著名人を起用したり、高度な編集を要するため価格は非常に高くなります。しかしその分クオリティの高い動画となることは事実です。

動画制作の相場を決めているポイント

動画編集を行う人

大きく分けて次の2つがあります。

人件費

制作に関わる人たちに支払われる報酬です。依頼する作業が増えれば増えるほど、各作業においてプロフェッショナルを求めれば求めるほど費用は高くなります。

映像制作に関わる主な役割を下記に示します。

  • プロデューサー(制作全体の統括、企画、管理など)
  • ディレクター(キャスティングや運営など)
  • 構成作家
  • カメラマン
  • 編集者
  • キャスト

機材費

撮影や編集に使う機材です。ハイグレードなものほど良い映像を撮影できますが、価格は高騰する傾向にあります。

  • カメラ
  • 編集機器
  • 音響機器

動画制作会社を選ぶときのチェックポイント

動画制作会社を選ぶ際のチェックリスト

では、動画制作をどの会社に依頼するか決める際のポイントをお伝えしていきます。

制作会社としての実体があるか

フリーランスや、他事業の片手間として動画制作事業を行っているところもあります。組織化されていないところへ発注すると、動画修正の際や継続発注を行った際にトラブルとなる場合もあります。

そのため、しっかり打ち合わせを行い、構成作家やカメラマン、編集者などが在籍しているかを確認すると良いでしょう。

動画制作の実績があるか

YouTubeをはじめとする様々な動画ビジネスが誕生したことが背景となり、制作会社が乱立している状況です。制作会社としてのビジネスモデルの正解があるわけではないため、設立して間もなく廃業やサービス停止となることも少なくありません。

制作実績があるか確認し、クオリティなど判断するようにしましょう。

事前に明確な説明をしてくれるか

動画制作には大きなコストがかかります。イメージしている動画と制作してもらう動画に齟齬がないか、どのような方法でそれを実現するか、費用はどれくらいかかるかといった点を事前に明確に説明してもらうことで無駄コストとなるリスクを抑えられます。

撮影が必要な場合は、自社スタジオを持っているか

自社スタジオを持っておらずレンタルして制作している場合、スケジュールの調整や取り直しの際の費用などスケジュールと費用の両面にリスクがあります。動画制作の肝でもある撮影を気軽にかつ何度も行えるという観点から自社スタジオを持っているかという点は確認した方が良いでしょう。

おすすめの動画制作会社

最後に、おすすめの動画制作会社をご紹介していきます。制作したい動画やその目的に合わせ選定し、比較検討していきましょう。

90 Seconds

90 Seconds_キャプチャ

30,000本以上の動画作成を行っているグローバルな動画制作プラットフォームです。クリエイターも12,000人以上在籍しており、大手企業の案件も多く存在しています。ジャンルについても会社紹介、商品紹介、社員研修まで幅広く対応しています。

  • 1ツールで動画制作を一気通貫

プランニングから編集までのすべての過程について1つのツールで管理をされており、クライアントもツールを確認することでプロジェクトの進行具合を確認することが可能です。コミュニケーションツールも実装されているため、プロジェクトメンバーで連絡を取り合うことも可能です。

  • 全世界で撮影可能

世界中にクリエイター、撮影スタッフが存在しているため、世界中のロケーションで早く安価に撮影することが可能です。また、ドローン操縦者なども在籍しており空撮などスケールの大きい映像にも対応してくれます。

導入企業:SoftBank, LAWSON, Google, UBER, PayPalなど

LOCUS

LOCUS_キャプチャ

動画を軸としたコンサルティングに注力した集団です。単純な動画制作だけでなく、制作した動画をどう活かすか、他のソリューションとどう組み合わせるかなどマーケティングの幅広いフェーズに介入してくれます。大手企業はもちろん、官公庁や各自治体なども積極的に利用しています。

  • 幅広い用途に対応

商品やサービスのプロモーションはもちろんですが、How to系の動画や採用ムービーなど多岐に渡る動画の制作が可能です。

  • コンサルティングサービスを受けられる

質の高い動画を制作することは重要ですが、その動画をどのように活用するかという点も重要です。動画制作のプランニング段階からクライアントの課題抽出やマーケットリサーチをおこなって、戦略の立案、動画の制作へ進み、効果測定やレポーティングまでのサービスを一貫して受けられる点が魅力です。

導入企業:東洋証券、東京海上日動火災保険、京王電鉄、島村楽器など

Borderless

Borderless_キャプチャ

会社紹介や商品紹介の動画を得意とする制作会社です。また、企画から撮影、編集まで一気通貫して対応してくれる点も安心できます。テレビCMやWebムービーなど用途別に細かく料金が設定されているため、依頼のイメージがしやすい点も利用するメリットです。

  • クリエイターがビジネスマンである

動画制作の担当者が企画、提案、制作、納品のすべてを担当してくれます。ビジネス感覚を持ったクリエイターに動画を制作してもらうことで効果にも期待できます。

  • すべて社内制作

発注、企画、撮影、編集をすべて社内で行います。制作を外注しないため品質が保証される点、代理店を挟まないため手数料等がかからない点がメリットです。

導入企業:JR東日本企画、ソニーネットワークコミュニケーションズ、エポック社など

UGOKIE

UGOKIE_キャプチャ

アフターフォローが充実した制作会社です。一度配信した動画の新たな使い道やそれに応じた編集などをサポートしてくれます。

  • 社内外向けに幅広いジャンルの動画を作成可能

社外向けのCMやイベント用、採用、会社紹介などの動画はもちろん、社内プレゼン用や教育研修用の動画も制作可能です。

  • アフターフォロー、二次利用の提案

納品後の動画について、広告配信やメルマガ、海外展開など用途に応じた形で再編集し、二次利用の提案を行ってくれます。

導入企業:三井不動産レジデンシャル、イー・エージェンシーなど

THE MOVIE FACTORY

THE MOVIE FACTORY_キャプチャ

最新の設備と自社スタジオを保有しており、編集拠点も持っている本格的な動画制作会社です。撮影や編集などのプロフェッショナルが400名以上在籍し、あらゆるニーズに応じて撮影を行ってくれます。

  • Webマーケティングのノウハウが豊富

Web広告を用いたマーケティングも行っている会社で、ブランディングやプロモーションに関する知見を豊富に持っています。その知見を動画制作に反映してくれるため、効果の高い動画コンテンツの制作が期待できます。

  • 動画だけでないプロモーションも合わせて行うことが可能

JPCは動画だけでなくカタログ、DM、Webなど様々なクリエイティブのデザイナーが在籍しており、動画以外のコンテンツの制作も可能です。1つの会社ですべてのコンテンツの制作を行ってもらうことでクリエイティブに一貫性が出ます。それによりブレのない効果的なプロモーションを行うことが可能です。

導入企業:象印マホービン、ファイテン、京都市国際交流協会など

おわりに

今回は動画コンテンツを制作する際に準備することと、制作会社を選ぶポイントについて解説しました。

動画コンテンツを制作する際には目的やターゲットユーザーを定めておくことが重要です。目的を1つに定めることで届けたい情報をブレることなくターゲットユーザーへ届けることができます。

また制作会社へ依頼するときは動画制作の実績があるか事前に詳細な説明をしてくれるかなどを確認して安心して任せられる会社へ依頼することが重要です。

YouTubeなどの動画プラットフォームが発達したことにより、動画制作会社も乱立しています。サービスレベルが安定していないところも多く、依頼イメージと出来上がりのギャップが大きいことやアフターフォローを受けられないなどトラブルとなる可能性もあります。

ポイントを押さえて制作会社を選ぶことで無駄コストをかけることなく、イメージしたとおりの動画を作ってくれる制作会社と出会えるでしょう。

WEBでのお問い合わせはこちら