東京駅と人

店舗経営者必見!ローカルSEOの意味から対策方法5つを紹介

東京駅と人

「ローカルSEOってなんだろう?」という方は多いと思います。ローカルSEOとは、「地域名」+「キーワード(サービス)」で検索されたときの、Web検索結果やマップ検索結果のことです。

今回の記事では、ローカルSEO対策をすべき店舗経営者や、これから店舗経営を始める方に向けて、ローカルSEOの意味から対策のポイント、始め方までを徹底解説します。

そもそもローカルSEOとは

店舗を探す女性

ローカルSEOは冒頭でも説明した通り、「地域名」+「キーワード(サービス)」での検索結果上位を狙うSEO施策のことを指します。

ローカルSEOとは、Gooeleのローカル検索に特化したSEOの総称である。 地名とキーワードの組み合わせで検索した場合の検索結果で、あるいはローカル検索結果で、1位または上位に位置づけるための対策を指す。 ローカルSEOは、地名と結びつく性質上、もっぱら実店舗で営業するビジネスオーナーにとって重視される。

引用元:ローカルSEOとは何? Weblio辞書

例えば、「新宿」+「整骨院」と検索すると、新宿近隣の整骨院が表示されます。その他にも「歯医者」や「ラーメン」「美容院」などの検索結果が考えられます。みなさんも一度はそのような検索の仕方をしたことがあるのではないでしょうか。

特に、スマートフォンの普及により、「近くのカフェ」や「周辺の英会話教室」など位置情報を元に検索するユーザーも増えている傾向にあります。

このようなローカル検索は、店舗運営をしている方の味方となりえます。特に初めて訪れた場所では、検索上位にあがらなければその店舗を知ることすらできません。そのため、店舗運営を行う方は、ローカルSEOに力をいれるべきと言えるのです。もちろん、競合他社も表示されますので、上手く検索上位に表示されるように対策する必要があります。

ローカル検索結果の種類

ローカル検索結果には、次の2つの種類があります。

ローカルパック

ローカルパックは、 地名とキーワードの組み合わせで検索した場合の検索結果で、地図情報と一緒に検索画面の最上部に表示されるものを指します。

ここでは、GoogleマップやGoogle検索を横断して多数の場所が表示されます。特に「距離」の影響を最も受け、たとえば、「新宿 カフェ」と検索すると、ローカル検索結果として、ユーザーが訪れたくなるような近くのカフェが表示されます。

ローカルパック_検索サンプル

ナレッジパック

ナレッジパックは、ビジネス情報を検索したときに、検索結果の右側のボックスに表示されるビジネス情報のことを指します。

企業名や施設などの情報が表示されるため、ユーザーは気になったビジネスを見つけ、問い合わせることができます。

ナレッジパック_検索サンプル

ローカルSEOの検索要素とは

ローカルSEOに重要な検索キーワード

では、ローカルSEOの検索要素について説明します。

検索表示されるための要素を次の3つが大きな要素となります。

  • クエリとの関連性
  • 検索地点との店舗との距離
  • 知名度

それぞれ、詳しく見ていきましょう。

検索キーワードとの関連性

「地域名」+「キーワード」の検索に対して、どれくらいビジネスに関連性があるかが重要になります。例えば「新宿」+「整骨院」とユーザーが検索したときに「渋谷のカフェ」が表示されても困りますよね。

そのため、表示させたいサイトには、検索で表示させたい「地域名」や「キーワード」を必ず入れておく必要があります。

検索地点から店舗までの距離

ユーザーが検索した「地域」から「店舗」までの距離は検索上位になる大きな要素のひとつです。

現在、店舗を経営している方は、物理的に動かすことはできませんが、これから店舗経営を始めようとお考えの方は、地域人口や、「地域名」+「キーワード」の検索ボリュームを調べてから、どこの地域で始めるかを考えるといいですね。

知名度

店舗の名前がどれだけの知名度があるのかもポイントのひとつです。

ブロガーに店舗名が書かれたり、口コミやレビューで高い評価を得たりなど、オフラインだけでなく、オンライン上での評価も大事になります。

ローカルSEO対策のポイント5つ

googleマップイメージ

検索上位になるポイントを説明しました。「じゃあ、どうすれば上位に検索されるようになるの?」と当然思われるかと思います。

ローカルSEOで上位検索されるための対策は次の5つになります。

  1. Googleマイビジネスに登録をする
  2. Googleマイビジネスに最新の詳細な情報を入力する
  3. ユーザーとコミュニケーションを取る
  4. 写真を掲載する
  5. NAP情報を統一する

それぞれ、グーグルの公式発表を参考に詳しく解説していきます。

1:「Googleマイビジネス」に登録をする

まず、ローカルSEO対策として、「Googleマイビジネス」に登録が必須です。理由として、「Googleマイビジネス」はローカル検索結果での上位表示させるための要員として、一番比率が高いからです。

2:「Googleマイビジネス」に登録する店舗情報を充実させる

「Googleマイビジネス」の登録したら、店舗情報を入力する必要があります。

ローカルSEOの検索要素として、「地域名」+「キーワード」の関連性が大事と説明しました。店舗情報を充実させることで、検索キーワードと一致しやすくなりますので、上位表示を狙うことができます。省略などせず、正確な情報を入力するようにしましょう。

Googleの公式サイトでは下記の公表されています。

詳細なデータを入力

ローカル検索結果は、検索語句との関連性が十分に高いものが表示されるため、ビジネス情報の内容が充実しているほど、検索語句と一致しやすくなります。必ずすべてのビジネス情報を Google マイビジネスの管理画面に入力して、ユーザーにビジネスの内容、所在地、営業時間が表示されるようにします。入力する情報は、実際の住所、電話番号、カテゴリなどです。ビジネス情報は必ず最新の状態を保つようにしてください。

引用元:Google のローカル検索結果の掲載順位を改善する – Google マイビジネス ヘルプ

3:口コミやレビューに対して返信をする

グーグルマップやナレッジパネルでは、ユーザーが口コミやレビューを書くことができます。口コミやレビューの評価を高めていくことで検索上位を狙うことができます。

Googleの公式サイトを見てみましょう。

クチコミの管理と返信

ユーザーが投稿したビジネスのクチコミに返信すると、ユーザーとのつながりを作ることができます。さらに、クチコミに返信することでユーザーの存在やその意見を尊重していることもアピールできます。ユーザーから有用で好意的な内容のクチコミが投稿されると、ビジネスの存在感が高まり、見込み顧客が店舗に訪れる可能性が高くなります。リンクをクリックするとクチコミを書き込めるようにして、ユーザーにクチコミの投稿を促しましょう。

引用元:Google のローカル検索結果の掲載順位を改善する – Google マイビジネス ヘルプ

ユーザーの口コミに対し、積極的に返信をすることで、知名度が高いと判断され、ローカル検索結果で上位表示を狙うことができます。

4:写真を多く掲載する

「Googleマイビジネス」では、写真を追加することができるため、商品やサービス、店舗の外観や内観などをユーザーに伝えることができます。的確で訴求力のある写真を掲載することでローカルSEO対策のひとつになります。

こちらもGoogleの公式サイトを見てみましょう。

写真を追加

リスティングに写真を追加すると、商品やサービスに焦点を当てることができ、ビジネスの内容を紹介しやすくなります。的確で訴求力のある写真を掲載すれば、求めている商品やサービスがあることを見込み顧客にアピールできます。

引用元:Google のローカル検索結果の掲載順位を改善する – Google マイビジネス ヘルプ

5:NAP情報を統一する

Googleの公式サイトで公表されていない情報で、重要なのがNAP情報の統一です。結論として、Web上のNAP情報は全て表記を統一するようにしてください。

NAP情報とは、

  • Name(店舗名・会社名)
  • Address(住所)
  • Phone(電話番号)

上記の頭文字を取ったものです。

NAP情報を統一することで、検索エンジンに対して同じ店舗と認識させることができます。Google側に同じ店舗の情報だと正しく伝えるためにも、ここは手を抜かずしっかり行いましょう。

「店舗はひとつだし、統一できてるよ」と思われるかもしれませんが、「正確」に入力が必要です。一字一句、確実に確認してください。

例えば、

Name(店舗名・会社名):「○○整骨院」と「○○ 整骨院」

Address(住所):「1丁目14番地12号」と「1-14-12」

Phone(電話番号):「03-1234-1234」と「03-1234-1234」

スペースや半角・全角入力などが違うと統一されていないと判断されてしまいます。

また、ユーザーにとっても表記の統一がされていないと混乱する要因のひとつになるため、必ず統一するようにしましょう。

Googleマイビジネス登録時の注意点

googleマイビジネスのポイントを紹介する女性

ローカルSEO対策としてのポイントを説明しました。「Googleマイビジネス」の影響力が分かりましたよね。では、「Googleマイビジネス」を登録するうえでのポイントを解説していきます。

Googleアカウント(Gmailアドレス)が必要

「Googleマイビジネス」に登録するには、Googleアカウント(Gmailアドレス)が必要です。

既に登録されている方は、既存のアカウントを利用することも可能です。アカウントをお持ちでない方は、まずは、アカウントを取得しましょう。

オーナーを確認する

「Googleマイビジネス」に登録した後は、オーナーの確認が必要なります。

自分がオーナーであることを証明するためには、Googleから送られてくる「確認コード」が必要です。取得には4つの取得方法があるので、自分にあった受け取り方を選びましょう。

  • ハガキが郵送されてオーナー確認
  • 電話がかかってきてオーナー確認
  • メールが送信されてオーナー確認
  • Google Search Consoleによるオーナー確認

参照:Google でのビジネス リスティングのオーナー確認 – Google マイビジネス ヘルプ

GoogleマップとGoogleマイビジネスの両方から登録情報をチェックする

Googleマップ上に表示されるビジネス情報は、Web上のさまざまな情報を、Googleマップ上に反映して表示されています。「本来の情報と違う」なんてこともありますので、登録後はしっかりチェックしましょう。

Googleマップから、誰でも登録・修正できる情報は、以下の8点です。

Googleマップから編集できる情報

  1. 名前
  2. カテゴリ
  3. 住所・地図上の位置(ピンの場所)
  4. 営業時間
  5. 連絡先
  6. ウェブサイト
  7. 開業日
  8. 写真

しかし、サービス提供地域、ビジネス情報、メニューやサービスなど、「Googleマイビジネス」からしか登録できない情報もありますので注意してください。

Googleマイビジネスから編集できる情報

  1. サービス提供地域
  2. 属性
  3. ビジネス情報
  4. メニューやサービス(利用制限あり)
  5. チェックイン時刻とチェックアウト時刻(ホテルのみ)

おわりに

ローカルSEOについてご説明しました。

まとめると、ローカル検索で上位表示されている競合店舗を確認し、それよりも質も量も多い情報提供、ユーザーとのコミュニケーションを取ることで、上位を目指すことができます。

また、Googleマイビジネスを編集し、詳しい情報をユーザーに伝えることで、新規のユーザーに対し、サービスをより身近に感じてもらうことができます。

  • 住所(どこにあるのか)
  • 定休日(お店は空いているのか)
  • 営業時間(何時までやっているのか)
  • お店のメニュー(どんなものを提供しているのか)
  • 連絡先・電話番号(どこに連絡すれば直接コンタクトが取れるのか)
  • レビュー(実際行った人の評価はどうか)

新規のユーザーに足を運んでもらうためには、来店前に気になるであろう情報を伝えることが重要です。

ローカルSEOは、既に店舗経営されている方もこれから店舗経営を始める方も大事な施策になります。ローカルSEOを理解し、検索上位を狙うことで集客や売上に大きく影響が出るでしょう。ぜひ積極的に活用していってください。

WEBでのお問い合わせはこちら