リスティング広告のクリック単価

【初心者向け】リスティング広告のクリック単価や予算を決めるコツ

リスティング広告のクリック単価

リスティング広告における予算やクリック単価の決め方については、Web広告を始めたばかりの初心者が悩むところのひとつでもあります。「狙いたいキーワードのクリック単価の相場がいくらかわからない」、「広告費の予算ってどんな風に決めているのかわからない」など、広告の運用を始めて間もない頃はわからないことだらけですよね。

しかし、わからないからといってクリック単価や予算を適当に設定してはいけません。「広告費を安くするためにクリック単価を低くしたら、広告が全然表示されない……」、「リスティング広告を出したはいいけど、すぐに予算がなくなってしまった……」といったことにならないためにも、クリック単価や予算の決め方についてはきちんと理解しておきましょう。

今回は、リスティング広告のクリック単価の意味や掲載順位との関連性から、クリック単価や予算を決めるときの考え方について解説します。これからリスティング広告を始めたい方や、リスティング広告運用の初心者にもわかりやすくなっていますので、ぜひ参考にしてみてください。

クリック単価とは

CPCの文字とクリックする指

そもそも、クリック単価とはいったいどういう意味なのでしょうか?リスティング広告におけるクリック単価について、「平均クリック単価」「上限クリック単価」という2つの用語があります。リスティング広告の運用を行う上でクリック単価というと、このどちらかのことを指していることがほとんどです。

「平均クリック単価」とは、広告の1クリックあたりの平均単価のことをいいます。英語ではCPC(Cost Per Click)ともいわれます。平均クリック単価は以下のような計算式で算出することができます。

広告費用 ÷ クリック数=平均クリック単価

「上限クリック単価(上限CPC)」とは、リスティング広告の設定画面で出てくる項目です。「1クリックに対していくらまでなら出せるか」という設定値のことで、入札単価と言われることもあります。上限クリック単価は1円から入力することが可能ですが、あまりに低い価格だと広告が表示されないこともあります。通常のキーワードであれば、50円~100円あたりに設定されることが多いかと思います。

上限クリック単価については、「上限」とある通り基本的にはすべてのクリックが設定した入札単価になるわけではなく、ほとんどの場合は設定した入札単価より低い金額でクリックされることが多いです。ですので、上限クリック単価を100円としても実際のクリックで発生する費用は90円だったり80円だったりするということです。

そのため、全体でかかった広告費に対する「平均クリック単価」を算出してから、今後の入札単価を修正改善していく必要があるのです。

掲載順位とクリック単価の関係

PPCと書かれた検索窓

広告のクリック単価を決める前に、リスティング広告の掲載順位の仕組みについて簡単に説明したいと思います。

リスティング広告の掲載順位は広告ランクにより決定されており、広告ランクが高いほど上位表示される仕組みになっています。広告ランクとは、キーワードの入札単価と広告の品質やキーワードとの関連性などを総合的に判断しランク付けされたものになり、以下のような関係性になります。

広告ランク=入札価格 × 広告の品質スコア

そのため、入札価格を低く設定しすぎると広告ランクが下がり、同じキーワードで入札している競合他社に負けてしまう可能性があります。その場合、掲載順位が低くなったり広告自体が表示されなくなってしまうため注意が必要です。

では、掲載順位を上げるためにはどうすればいいのでしょうか。こう聞くと「とにかく入札単価を上げればいい」と考える人もいるかもしれませんが、ただ入札単価を上げれば掲載順位が上がるというわけでもありません。

掲載順位を上げるためには、入札単価を上げるより広告の品質スコアを高くすることが重要になります。広告の品質スコアを上げると、入札単価が低くても掲載順位は下がりづらくなるため、結果的にクリック単価や広告費を低くおさえることができるのです。

このように、リスティング広告では広告費用を下げながら広告を上位表示することが望ましいため、広告の品質ランクを上げながら最適な入札単価を設定することを目標としていきましょう。

クリック単価に影響する要因

広告費の発生をパソコンで管理

クリック単価はキーワード毎に異なっていますが、それぞれのキーワードのクリック単価の相場はどのように決まるのでしょうか。クリック単価に影響する要因について解説したいと思います。

取り扱う商材やサービス

まず、取り扱う商材やサービスの値段が高いものは自然とクリック単価も高くなる傾向にあります。これは、1件コンバージョンすれば何十万何百万と利益が出るような商材であれば、それだけ広告費の予算を高くすることができるためです。広告予算を多くとれるということは、入札価格も高めに設定していることが多くクリック単価が高騰しやすくなるということです。

一例としては、車や保険、美容、金融系などに関連するキーワードは、クリック単価が1,000円を超えることが多いように感じます。

キーワードの検索ボリューム

クリック単価は、基本的にキーワードの検索ボリュームが大きいキーワード(ビックーワード)ほど高くなり、検索ボリュームが少ないキーワード(スモールワード)ほど低くなる傾向があります。これは、キーワードの検索ボリュームが高ければ高いほど、そのキーワードを検索するユーザーが多いということになり、ライバルや競合他社がそのキーワードに集中するために価格が高騰してしまうからです。

キーワードの話題性・季節性

キーワードのクリック単価は、通年通して同じではないことも覚えておいた方が良いでしょう。例えば、ニュースなどで一時的に話題になったキーワードや季節性のあるキーワードでは、時期によりクリック単価が大幅に変動することがあります。その場合は、通常の入札価格のままにしておくと大幅に赤字が出る可能性があるので、クリック単価の変動に合わせて最適な入札価格へ調整することが必要になります。

このように、取り扱う商材やサービス、検索ボリュームが多いか少ないか、キーワードの話題性や季節性などがクリック単価に影響する主な要因となっています。

また、同じキーワードでもGoogle広告とYahoo!プロモーション広告ではそれぞれクリック単価が変わってくる場合がありますので、どちらも出稿したい方は注意が必要です。

クリック単価の相場・調べ方

では、狙いたいキーワードの入札単価はいくらぐらいに設定すればいいのでしょうか。実は実際に入札単価を決める前に、事前にキーワードの推定クリック単価がいくらぐらいか確認することができます。クリック単価の相場の調べ方については、Google広告とYahoo!プロモーション広告どちらかの運用補助ツールを用いて調べることができます。

Google広告では、運用ツールのキーワードプランナーの推定入札単価という項目で調べることができます。キーワードプランナーでは、キーワードのクリック単価の他にも、そのキーワードが月にどのぐらい検索されているか(検索ボリューム)やそのキーワードで入札している競合が多いかどうか(競合性)がわかるようになっています。

キーワードプランナー_ダイエット検索

キーワードプランナー_ダイエット検索結果

Yahoo!プロモーション広告では、ツールのキーワードアドバイスツールの推定CPCという項目で調べることができます。Google広告のキーワードプランナーと同じくキーワードのクリック単価のほか検索ボリュームなども確認できます

どちらも使い方はほぼ同じで、該当のツールの検索窓に、クリック単価を調べたいキーワードを入力すると推定クリック単価を確認することができます。

これらのツールは、リスティング広告出稿時の上限クリック単価の入札額を決める際に、非常に有効な判断材料になります。ですが、実はキーワードによっては実際のクリック単価とキーワードプランナーでのクリック単価がかけ離れていることもしばしばありますので、あまり過信しすぎずに参考程度ととらえるほうが良いでしょう。

クリック単価や広告費予算を決めるときの考え方

リスティング広告の予算イメージ

クリック単価の相場の確認方法がわかったところで、実際の予算やクリック単価を決めるときの注意点や考え方について解説します。

予算を決める

まず、リスティング広告を出す前に日額や月額いくらまで予算を使えるのか、1クリックいくらに設定すれば利益が出るのか正しく見極めることが重要となります。

月額予算や日額予算を決める方法として、1件あたりの目標コンバージョン単価から予算を算出する方法があります。目標コンバージョン単価とは、1件コンバージョンを獲得するのに必要な広告費用で、英語ではCPA(Cost Per Acquisition/Cost Per Action)ともいわれます。

例えば1万円の商品を販売しているとして、人件費や原価を差し引くと粗利が5,000円だったとします。ここから広告費に充てる金額を差し引いていくら残ればよいかを考えます。粗利5,000円から3,000円の利益を残したい場合、残り2,000円が広告費に使うことができるので目標コンバージョン単価になります。

ここから予算を導く場合、「目標コンバージョン単価×目標獲得件数=予算」で計算することができます。

目標コンバージョン単価が2,000円とした場合に、月に平均30件のコンバージョンを獲得したい場合は、2000円×30件=6万円が月額広告費予算となります。月額6万円を30日で割ると、日額2000円の広告費予算となります。

予算の立て方についてはこれ以外にもいくつか方法がありますので、ご自身の商材やサービスに合わせて予算の決め方を柔軟に変えていくと良いかと思います。

クリック単価を決める

次に、クリック単価の決め方ですが、前述のとおりまずはキーワードプランナーを使って狙いたいキーワードの推定入札単価を確認し、その金額に合わせるという方法があります。

また、Google広告の管理画面でFirst Page Bit(ファーストページビッド)と表示されている部分も、上限クリック単価を決める際に参考になります。これは検索結果の1ページ目に表示するために必要な最低入札価格の参考値となっています。ですので、このFirst Page Bitの価格以下に設定してしまうと、1ページ目に広告が表示されなくなったり競合他社人入札負けして掲載順位が低くなったりする可能性があります。

以上のことを踏まえて、まず広告の出稿前にはキーワードプランナーで推奨入札単価を確認したりGoogle広告の管理画面のFirst Page Bitを確認しながら、おおよそ最適な上限クリック単価を決めていくのが良いかと思います。

補足ですが、Googleのサイトでは、どうしても最適な上限クリック単価が分からない場合は、まずは100円で入札することをおすすめしますと記載がありますので、どうしてもクリック単価の設定に迷ってしまう場合や徐々に入札単価を調整したい方は初期値は100円入札でも良いでしょう。

しかし、リスティング広告の上限クリック単価は最初に決めた金額のままでいいというわけではありません。キーワードプランナーでの推定入札単価などはあくまで目安ですので、実際は掲載順位が予想より低かったり、費用がかかりすぎて赤字になることも考えられます。

ですので、広告の出稿後は最初に決めた入札単価のままで放置せずに数日後、1週間後、2週間後など定期的に実際の掲載順位や平均CPCを確認しながらその都度クリック単価の調整を行うようにしましょう。

基本的には日額予算や上限クリック単価の設定はいつでも変更することができるので、実際に広告を出稿してみて、掲載順位や収支データを見ながらその都度変更改善していくことがリスティング広告の運用に関して最も重要な部分になります。

おわりに

クリックして費用が発生

いかがでしょうか?

今回は、リスティング広告における広告費予算及びクリック単価の決め方について詳しく解説しました。クリック単価の設定については広告の掲載順位に大きく関わってくるところなので、実際にリスティング広告を運用していく場合にはきちんと勉強しておいた方が良いでしょう。

まずは、キーワードプランナーでどういうキーワードがどれぐらいのクリック単価なのか確認して入札戦略を行ったり、広告を実際に出稿してからも掲載順位や広告ランクなどを考慮しながら、定期的に予算や入札単価の調整を行いましょう。そして、予算を抑えつつ狙った掲載順位に近づけるように心がけてくださいね。

WEBでのお問い合わせはこちら