アンカーテキストのイラスト

SEOに効果的なアンカーテキストの設定のポイントとは?

アンカーテキストのイラスト

ユーザーが欲しい情報にアクセスするために、リンクを設置できるのがアンカーテキストです。Webサイトの利便性を向上する効果があり、SEOにおいてもメリットがあります。

今回は、アンカーテキストの特徴や、SEOに効果的なアンカーテキストの設定ポイントについて解説します。

アンカーテキストとは?

テキストリンクのイメージ

アンカーテキストは他のWebページへのリンク要素が含まれたテキストです。

<a href=”URL”>テキスト</a>

という記述でアンカーテキストを設置することができ、クリックするとリンク先にアクセスします。

Webサイトにアンカーテキストを設置する大きな理由は、ユーザーの利便性を向上させるためです。多数の情報から自分が興味あるページにアクセスできて、見るだけでどんな情報があるのか分かるのが特徴となります。

メニューにあるカテゴリを見ればWebサイトのテーマが分かりますし、アクセスすればカテゴリの記事を簡単に読めます。情報を整理して使いやすさを向上することがアンカーテキストを設置する目的です。

アンカーテキストで設置できるリンクには他サイトにアクセスできる外部リンクと、自社サイトのページにアクセスできる内部リンクがあります。使い勝手を考慮して最適なリンクを設置すると良いですね。

また、アンカーテキストを設置するときは、テキスト内容とリンク先の内容に相違がないようにすることが最低限のルールです。極端な例ですが、「寝付きがよくなる方法」と書かれたアンカーテキストにもかかわらず、リンク先の記事が「ダイエットの方法」となっていれば辿り着いたユーザーは混乱してしまいます。ユーザーや検索クローラーがチェックするため、正しくアンカーテキストを設定しましょう。

アンカーテキストのSEO上の役割

SEOと書かれたポストイット

検索エンジンは、インターネット上のWebサイトから情報を集めるためにクローラーを動かしています。クローラーはWebサイトのリンクを回遊することで、Webサイトの情報を収集しているのです。

リンクにアクセスするとき、クローラーはアンカーテキストを経由します。リンク先とテキスト内容が同じであれば正しく評価しますし、重要であれば検索順位を上げる場合もあるのです。

リンクには、自分のサイトの他ページへ飛ぶ内部リンクと、他のサイトへ飛ぶ外部リンクがあります。それぞれのリンク設置時のポイントを確認していきましょう。

内部リンクのアンカーテキスト設定のポイント

自社サイトにある他のWebページにアクセスするアンカーテキストを設定する場合、次の3つのポイントに注意することが重要です。

  • キーワードをテキストに含める
  • リンク先を簡潔に記載する
  • 画像リンクには「alt属性」を設定する

なぜこれらのポイントを守る必要があるのか、それぞれ詳しく解説します。

キーワードをテキストに含める

自社サイトのコンテンツには、検索順位を上げたいキーワードが設定されてあるはずです。検索流入を狙いたいキーワードをアンカーテキストに含めて、情報があることを示しましょう。

ユーザーが欲しい情報にアクセスしやすくなり、自社サイトの回遊率が上がるメリットがあります。クリックされる回数が増えれば評価が向上して、検索順位が上がる可能性もあるのです。

ただし、キーワードをアンカーテキストに含める時は、キーワードの量を調整することが重要です。違和感を持つほどキーワードを含めてしまうと、検索エンジンからペナルティを受ける場合があります。ユーザーの読みやすさを考慮して適切にキーワードを含めることが理想的です。リンク先を分かりやすくするためにキーワードをアンカーテキストに挿入しましょう。

リンク先を簡潔に記載する

分かりやすくすることは確かに重要ですが、長いアンカーテキストを設置するのは避けるべきです。長いテキストはユーザーに読まれにくく、クリック率が低下してしまいます。

例えば「アンカーテキストを設置することで得られるSEO効果は?他サイトへのリンクを設置する理由と設定する際に注意すべきポイントについて徹底解説しているWebページ」という長いテキストでは、簡単に理解できずアクセスしにくいものです。

リンクがクリックされなければ自社サイトの回遊率が低下してしまうため、分かりやすく簡潔にテキストを記載することが重要なのです。

画像リンクには「alt属性」を設定する

Webサイトの画像にリンクを設定している人もいるでしょう。画像に内部リンクを入れる時は、代替テキストを入力できるalt属性にリンク先の情報を記載しましょう。

クローラーは画像のalt属性を読み取り、アンカーテキスト同様にリンク先の内容と合っているか判断しています。そのため、画像リンクの場合はalt属性で内容を伝えるようにしましょう。読み込めない時に代替テキストとして活用したり、クローラーが内容を確認したりするときに役立ちます。

気をつけるべきポイントは単純にリンク先の内容を入力するだけでなく、画像の説明も入力することです。リンク先の内容と画像の内容を、完結にalt属性に入力することを推奨します。alt属性の設定ではアンカーテキストとは細かい部分が異なるので気をつけましょう。

外部リンクのアンカーテキスト設定のポイント

他社サイトへのリンクを設置する場合、気をつけるべきポイントは3つあります。

  • リンク先を分かりやすく記載する
  • 画像リンクには「alt属性」を設定する
  • テキストを短くする

これらのポイントを守るべき理由について詳しく解説します。

リンク先を分かりやすく記載する

他社サイトへの外部リンクを設置する場合、ユーザーにリンク先を分かりやすく伝えることが重要です。具体的にリンク先を説明しないと、ユーザーに対して不信感を持たせる場合があります。

例えば「会員登録するにはこちら」「ここにアクセスして無料体験」といったアンカーテキストには、リンク先が分かりにくくユーザーとしては不安に感じるものです。

アクセスした先で被害を受ける場合はありますし、自分が損をする場合もあります。リンク先が明確でないことでクリック率は下がってしまい、不適切なアンカーテキストは評価が悪くなるのです。

ユーザーの使い勝手を優先してリンク先を分かりやすく記載することがポイント。

画像リンクには「alt属性」を設定する

アンカーテキストは画像に応用することも可能です。分かりやすい画像を用意して外部リンクを設定し、宣伝したいサービスや商品の紹介ページにユーザーを誘導できます。

内部リンク同様、画像に外部リンクを設定する場合はalt属性を設定して、代替テキストを簡単に記載しましょう。

テキストを短くする

外部リンクにおいてもアンカーテキストを短くすることが重要です。長いアンカーテキストはユーザーにとって読みにくく、短いテキストに比べてアクセス率は落ちてしまいます。

例えば「SEOに効果的なアンカーテキストの設定のポイントとは?」と記事のタイトルを載せるのではなく「アンカーテキスト設置時のポイント」や「SEO効果のあるアンカーテキスト」と短く記載しましょう。

短くすることでユーザーは自分の欲しい情報がリンク先にあるのかが瞬時に判断でき、リンクにアクセスする人が増加するのです。

アンカーテキストの注意点

アンカーテキストのポイントを指す人形

アンカーテキストはWebサイトのSEO対策として役立ちますが、Webサイトにアンカーテキストを設置しただけでは検索順位は上がりません。

あくまでもユーザーの利便性が向上すること、またクローラーがなんのリンクか判断しやすくなることで、検索エンジンから評価されて検索順位が向上するのです。内部リンクや外部リンクを見直して使いやすくなれば、自然と検索流入は増えるでしょう。

質の低いWebサイトにアンカーテキストを設置しただけでは、検索順位が向上する可能性は低いです。アンカーテキストを含めてWebサイトの質を上げていくことが、SEO対策の近道となります。

おわりに

リンクがつながるイメージ

アンカーテキストを設定することで自社サイトの回遊率やアクセス数が増えて、検索順位が向上したり検索流入が増えたりします。

アンカーテキストを設定するときはリンク先を簡潔に記載して、キーワードを含めておくことが重要です。画像にリンクを記載するときはalt属性にも気をつけましょう。

Webサイトに最適なアンカーテキストを設定して、より多くのユーザーを集客しましょう。

WEBでのお問い合わせはこちら