検索して調べ物をする男性

SEOに効果的?タイトルタグに最適な文字数と設定時のポイント4選

検索して調べ物をする男性

ウェブサイト作って数ヶ月たったけれど、なかなか検索上位に表示されないとお悩みの方も多いのではないでしょうか?

本記事では、SEOで重要なタイトルタグの文字数と設定時のポイントを解説します。これらをマスターすればクリック率がアップし、アクセス数増加へつなげることができるでしょう。

Googleが公式に発表している情報も引用しながら紹介していきます。ぜひ最後まで読んでみてください。

タイトルタグとは

検索結果に表示されるサイトタイトル

タイトルタグはhtmlタグの一種です。タイトルタグ内の文字は、検索画面でタイトルとして大きく表示されたり、ブラウザのタブに表示されます。

タイトルは、ユーザーの視認範囲に多く表示される項目であり、SEOでも重要な役割を持つ要素です。ユーザー目線でサイトコンテンツと一貫性のある適切なものを設定しましょう。

SEOにおけるタイトルタグの重要性

SEOの文字とキーボード

タイトルタグがSEOでなぜ重要なのでしょうか?

最適なタイトルタグを設定することで、以下2つの効果が見込めます。

  1. オーガニック検索で上位表示させる
  2. クリック率を増加させる

それぞれについて解説していきましょう。

オーガニック検索で上位表示させる

タイトルタグを最適なものにすることで、オーガニック検索でウェブサイトやブログ記事を上位表示させることができます。上位表示すればするほど、ユーザーがクリックしてくれる確率が上がるのは紛れもない事実です。

INTERNET MERKETING NINJAS が公開した記事によると、2017年夏のGoogle検索順位別のクリック率は

  • 1位 21.12%
  • 2位 10.65%
  • 3位 7.57%

と順に下がっていきます。8位以下になるとクリック率は2%以下です。

参考:Announcing: 2017 Google Search Click Through Rate Study

検索結果で上位を目指すことがアクセスを増加させる上でいかに重要か分かっていただけるでしょう。タイトルタグをどのように設定すれば上位表示できるのかは4章で解説します。

クリック率を増加させる

適切なタイトルタグ設定は、オーガニック検索からのクリック率を増加させます。クリック率が高いサイトは、キーワードとユーザーの検索意図に合っているとして、検索エンジンも高い評価をしてくれます。

つまり、SEO対策をして検索エンジンに好かれる記事を書くには、ユーザーがクリックしてくれる可能性が高いタイトルにする必要があるのです。

また、自分がなにか情報を得たいと思って検索した際、検索結果に表示されたサイトのタイトルを見て、自分が探している情報なのか判断しますよね。ユーザーの検索意図にあったタイトルにすることで、クリック数をあげることができるでしょう。もちろんコンテンツの内容と整合性がとれていることは言わずもがなです。

タイトルタグの文字数は何文字にすればいい?

タイトルの文字数について考える女性

結論から言いますと、タイトルタグの文字数は30文字前後32文字以内が最適です。なぜ32文字なのか、PC・スマホで表示される文字数は異なるのかを詳しく解説していきます。

Googleの検索結果画面では、タイトルの冒頭30文字前後が表示されることが多いです。

以前は32文字までしか表示されないとされていましたが、最近はGoogleアルゴリズムの発達に伴い、ユーザーに有益な記事はタイトルが40文字以上表示されていることもあります。PC・スマホなどデバイスによっても文字数が異なる場合があります。

基本的には30文字前後に設定することをおすすめしますが、ユーザーのためになるタイトルを考えた結果40文字近くになってしまったという場合は、無理に文字数を削らないという判断をしても良いかもしれません。ただし、意図して全てのタイトルを表示させることはできないことを覚えておきましょう。

文字数以外のタイトルタグ設定のポイント

タイトルタグのポイントを伝える女性

続いて、クリック率が上がり、オーガニック検索でも上位表示されるタイトルタグの付け方をご紹介します。文字数以外でSEOに適したタイトルタグ設定のポイントは以下の4つです。

キーワードを含める

オーガニック検索上位を狙うタイトルの付け方で最も重要なのが、キーワードを含めることです。

記事の中身をどれだけ上質に作り上げたとしても、タイトルにキーワードが含まれていなければ、ユーザーはなかなかクリックしてくれません。

タイトルにキーワードを入れることは、ユーザーだけでなく、検索エンジンにもそのキーワードについて書いた記事であることを知らせる役割があります。

SEOで上位表示を狙う記事では、タイトルタグに必ずターゲットキーワードを含めましょう。

分かりやすいタイトルにする

タイトルタグは、誰でも分かりやすく正確なものにしましょう。

Google公式のSearch Console ヘルプでは、「Google がサイトの内容を理解できるようにし、適切なユーザーにサイトを見つけてもらえるようにするためのシンプルなアイデア」として、以下のように紹介しています。

わかりやすい説明を記載する: 正確でわかりやすいページタイトルを使用します。ページごとに異なるトピック、商品、サービスを掲載し、1 ページにつき 1 つのトピック(または、密接に関連している一連のアイテム)を取り上げることをおすすめします。

引用元:検索エンジン用にサイトを最適化する – Search Console ヘルプ

ユーザーが信頼できる「正確でわかりやすいページタイトル」が、SEOの面でも効果が高いということですね。

数字を含める

タイトルに数字を含めることで、ユーザーの関心を高めクリック率をあげることができるでしょう。

検索結果のタイトルサンプル

文字がほとんどのタイトルの中で、人は自然と数字に目がいってしまいます。また、数字は具体性を持たせることができるため、ユーザーの信頼も上がります。

例えば、以下2つのタイトルがあったとしたら、あなたはどちらをクリックしたくなるでしょうか?

  • タイトルタグに最適な文字数と設定時のポイントを紹介します!
  • タイトルタグに最適な文字数と設定時のポイント4選!

あなたは下のタイトルを選んだと思います。ざっくりした表現よりも具体的な数字で示した方がユーザーは信頼感を抱きクリック率が高まります。

数字は短い文字数で具体性を表現できる便利なものですので、ぜひ使ってみてください。

ユーザーの興味を引くフレーズにする

ターゲットユーザーの心情を考えて、興味を引くフレーズをタイトルに入れることが大事です。キーワードを含めるだけでは、なかなか他の記事と差別化できません。クリック率を上げるに、ユーザーがひと目で「これが知りたい!気になる!」と思うようなフレーズをタイトルに入れましょう。

下記2つのタイトルを見て、あなたならどちらをクリックしたいと思いますか?

  • 【ブログ初心者必見!】アクセスUPに必要なたった1つのテクニック
  • ブログのアクセスUPに必要なたった1つのテクニック

いかがでしょうか。もしあなたがアクセス数増加に伸び悩むブロガーさんだとしたら、上の記事をクリックしたくなるはずです。

このようにユーザーの心理を読み取り、興味を引くフレーズをタイトルに盛り込みましょう。それから、【】(隅付き括弧)のような文字装飾を使うのもテクニックの1つですよ。

おわりに

検索窓とパソコン

今回はタイトルタグについて、SEOに最適な文字数やポイントをご紹介してきました。

  • タイトルタグはhtmlタグの一種であり、タイトルタグ内の文字は、検索画面でタイトルとして大きく表示されたり、ブラウザのタブに表示されます。
  • SEOに最適な文字数は30文字前後32文字以内。ただし状況によっては40文字程度まで表示されることもあります。
  • タイトルは、キーワード・数字を含め、分かりやすくユーザーの興味を引くフレーズにしましょう。

上記を参考にしてSEOに強い記事を書き、ブログやメディアのアクセスアップを目指してください。

WEBでのお問い合わせはこちら