SEOについて

【初心者必見】ブラックハットSEOとホワイトハットSEO

SEOについて

ブログやサイト運営するにあたって非常に重要な意味を持つのがSEO対策です。コンテンツというのはただ文字数を多くすれば良いというものではなく、ターゲットを想定しユーザーが求めている情報をわかりやすく織り込むことで検索キーワードで上位に表示されるからです。

そして、このSEO対策にはホワイトハットとブラックハットという2つの種類があることをご存知でしたでしょうか。特に初心者の方は誤ってブラックハットSEOを使ってしまい、検索エンジン側からペナルティを受けてしまうことがあるのです。

今回はこのブラックハットSEOとホワイトハットSEOの違いや、メリット・デメリットなどを解説していきたいと思います。

ブラックハットSEO・ホワイトハットSEOとは

SEOと検索する人

ブラックハットSEO

ブラックハットSEOとは、GoogleやYahoo!などの検索エンジンのアルゴリズムの裏をかいた悪質な技術によって、サイトの順位を無理やり上げようとすることを指した言葉です。

具体的な例としては、ユーザー側と検索エンジン側に別々のページを見せる「クローキング」や、リンクを有料で購入し被リンクしてもらうことで、サイトの評価を強制的に上げさせる「有料リンク」などが挙げられます。

検索エンジン側がまだ今ほど高性能ではなかった時は、このようなブラックハットSEOは実際に効果があり、サイトも上位に検索されることがありましたが、今ではその効果はほとんど期待できなくなっています。

ホワイトハットSEO

検索エンジンが推奨するガイドラインやルールに沿って自分のサイトの価値を向上させる方法です。

その記事のペルソナを想定し、ユーザーが求めている内容をわかりやすく記事にまとめることが一番のホワイトハットSEO対策の手法となります。

ブラックハットSEOのメリットとデメリット

ブラックハットSEOについて考える女性

先に結論から行ってしまうと、ブラックハットSEOはハイリスク・ローリターンのおすすめできない手法です。

短期的にみればある程度の収益は上がるかもしれませんが、いずれ競合サイトに抜かされたり、検索エンジン側でペナルティを受けてしまう可能性が非常に高いです。

それでも試してみたいという方のために、ここではブラックハットSEOのメリットとデメリットをいくつか紹介していきたいと思います。

ブラックハットSEO メリット1:短期間で上位表示が可能になる

被リンクの重要性は多くのSEOスペシャリストも認めています。検索エンジン側がサイトの価値を測る基準の一つとして間違いなく採用している部分ではあるので、被リンクをお金で買うことで短期間で指定キーワードでの上位表示が可能になります。

ブラックハットSEO メリット2:大手競合サイトに勝てる可能性も

競合が激しい検索キーワードでは上位にランクインしている大半のサイトを企業が運営しているので、上位表示を狙うには個人サイトでは非常に困難です。

しかしブラックハットという裏技を使うことで、競合サイトに勝つ可能性が大きくなります。

ブラックハットSEO デメリット1:検索エンジン次第でサイトが圏外に飛ぶ

検索エンジン側がブラックハットSEOを見つけた場合、問答無用でそのサイトの価値は下がり、最悪の場合検索圏外に飛ばされます。そして一度ペナルティを受けたサイトの価値を取り戻すには労力と時間がかかります。

ブラックハットSEO デメリット2:サイトが資産にならない

いつ検索圏外に飛ばされるか分からないため、長期的に考えた場合にサイトを自分の資産をとすることができません。

ブラックハットSEO デメリット3:検索エンジンのサイトツールが使えない

Googleはサーチコンソールやアナリティクスなど、サイト運営に役立つ様々なツールを提供しています。しかし当然ですが、これらのツールはホワイトハットSEOをサポートするために作られたものです。ブラックハットSEOを使いながらこれらのツールを使ってしまうと、すぐにGoogleに見つかりペナルティを受けてしまうのです。

GoogleがブラックハットSEOを禁止する理由

ブラックハットSEOを禁止するイメージ

SEOとは「Search Engine Optimization」の略で、日本語だと「検索エンジン最適化」という意味になります。要するに、SEOとはWebサイトをGoogleにとって最も効率的に設計し書き換えることなのです。そしてそのGoogleの基本的な方針として、 「ユーザーの利便性を追求する」という考え方に基づいて、全ての判断や施策が行われています。

つまり、Googleが認めているガイドラインに沿って行うホワイトハットSEOを行うことで、ユーザーにとって利益のあるコンテンツを作ることができるということなのです。

しかし、これまで述べてきたようにブラックハットSEOはコンテンツの良し悪しという基準で判断されることなく、無理にキーワードの検索順位を上げようとする方法です。

その過程にはユーザーに便利な情報を届けようとする意思が欠けているため、GoogeではブラックハットSEOを禁止しているのです。

ブラックハットSEOによってペナルティを受けた場合の対処方法

ブラックハットSEOによるペナルティを受けるイメージ

ブラックハットSEOを使用してしまうと、それが意図的ではなくとも検索エンジン側に見つかり、ペナルティは遅かれ早かれ受けてしまいます。

その場合は、自分が使用したブラックハットSEOをすべて解除しましょう。不正なリンクを貼っていたらそれをすべて外し、クローキングでユーザーと検索エンジンに別のコンテンツを見せていたらそれを削除します。

その後、サーチコンソールのツール上でこれまでの経緯報告と今後に利用しないことを申請する必要があります。

ホワイトハットSEOのポイント

ホワイトハットSEOの説明

ここからはホワイトハットSEOを試みる上で押さえておくべきポイントを3つ解説していきます。

ポイント1:ユーザーにとって価値のあるコンテンツを作る

コンテンツ記事を作る前には必ずターゲット層を整えることが必要です。年齢、性別、悩み、職業などを細かく設定しユーザー目線に立つことで、そのユーザーが何を求めているのかを判断するように心がけてください。

そのコンテンツが有益だとユーザー側から判断されれば自然と流入が増え、ページ順位も上がっていきます。

ポイント2:サイトの構成を整える

記事を書くときにはまずタイトルを考えますよね。

リード文としてどのような記事内容なのかを簡単に紹介した後、内容ごとに<h2>や<h3>などのタグを使って、検索エンジン側とユーザー側の双方が理解しやすいようにページの構成を整えていくことで、コンテンツは評価されます。

また、見出しタグは小さい数値から大きい数値へという順番を守って使用しないと検索エンジン側がサイトの構成を正しく読み取ることができないので注意してください。

ポイント3:第三者からの評価を集め、被リンクをもらう

そのサイトを訪れたユーザーにサイトのコンテンツを有益だと感じさせれば、自然と被リンクされるようになります。

検索エンジン側は被リンクされているかどうかをサイトの価値を測るための有効な基準であるとみなしているのは確かなのですが、重要なのがそれが自然に集まったかどうかなのです。

まとめ

SEOに成功した人

いかがでしょうか?

ホワイトハットSEOでのサイト運営は軌道に乗るまでに非常に時間がかかります。始めた当初は全くPV数が上がらず苦労する方がほとんどです。しかし、ブラックハットSEOのように短期的にサイトの価値は上がるものの資産にはならない手法とは違い、長期的に見れば長くユーザー流入が見込めるという点がホワイトハットSEOの最大のメリットとなります。

サイトを自分の資産としたいのであればブラックハットSEOに頼ることはなく、根気よく質の高いコンテンツを作り続けることが一番の近道なのです。

WEBでのお問い合わせはこちら