PPC広告、リスティング広告、スポンサードサーチの図

リスティング広告はまずは少額で始めよう!効果的な手法と注意点について解説

はじめに

検索を試みる女性

リスティング広告を使えば従来の広告とは違い、キーワードに合わせて戦略的に広告を出稿することができます。自社のサービスとマッチするキーワードやエリア、最適な予算等を設定することができれば、少額でも効果が期待できるという特徴があります。

しかしリスティング広告はほんのわずかな設定ミスで、広告予算が無駄になってしまうリスクもあります。

そこで本記事ではリスティング広告の効果的な手法と注意点、そして少額からスタートさせるべき理由について紹介していきます。

リスティング広告とは

PPC広告、リスティング広告、スポンサードサーチの図

リスティング広告とは検索連動型広告とも呼ばれる、web広告の出稿方法の一つ。YahooやGoogleなど大手検索エンジンが提供している広告サービスでもあります。

リスティング広告サービスのそれぞれの名称は、グーグルならGoogle AdWords、ヤフーならYahoo!プロモーション広告です。

リスティング広告なら検索エンジンを使ってキーワード検索するユーザーの検索結果ページに広告として表示することができます。そのため一般的なweb広告よりもターゲットに合わせたユーザーにアプローチすることができます。

またキーワードによって広告単価は決まりますが、抽象度が高いほどその単価は高くなる傾向があります。例えば「転職」など抽象度が高いキーワード単体だと単価は高くなりがちですが、地域名などを入れて複合キーワードにすると、その単価は大幅に下がります。複合キーワードで具体的なキーワードを設定した方が、キーワードの競争率が低くなり、単価も抑えられるという特徴があります。

リスティング広告で少額スタートをおすすめする理由

広告のABテスト

リスティング広告で少額スタートをおすすめする理由としては、いくつかの理由があります。ではそれを順番に見ていきましょう。

web広告とサービス(商品)との相性をテストするため

これまでweb広告を使ってこなかったとしたら、そもそも自社のサービス(商品)とwebの相性から見極めなければいけません。テストとして広告を出稿するなら、大きな予算はつけるべきではありません。最適なキーワードを見つけるためにも、小額な予算からスタートしてテストすることは大切です。

キーワードをテストする

リスティング広告はアクセス数をただ集めるだけであれば、ビッグワードを狙うことで実現可能です。ビッグワードとは、飲食業界であれば、和食、洋食、イタリアン、など抽象度が高く検索ニーズのあるキーワードのことです。ビッグキーワードは抽象度が高いため、多くの意味を含んでしまうため、サイトにアクセスしてもらったとしても、ニーズがミスマッチとなることが少なくありません。

そこでテールワードというユーザーが検索結果を絞るためのキーワードが存在しますが、そういったキーワードの選定が必要となります。これは事前に参考となるデータを収集していたとしても例外ではありません。

日々変化するネットでは本当に何がヒットするのかは、PDCAサイクルを回しながらテストして初めてわかることだからです。

キーワードをテストするためにも、リスティング広告は少額からスタートすべきだといえるでしょう。

代理店を利用する場合は見極めが大切

リスティング広告の出稿は自社で運用するだけでなく、代理店に依頼する形でも出稿することができます。しかし数あるリスティング広告代理店の全てが信頼できるわけではありません。

自社のサービスとの相性もあれば、レポーティングなど連絡がほとんどない代理店も存在します。

代理店にリスティング広告を依頼する場合でも、継続的に依頼するのかどうかは初期段階で判断しなければいけません。代理店に依頼する場合も小額な予算からはじめることは、リスクを最小限に抑えることにもなるのです。

少額でリスティング広告を始める際に気をつけたい注意点

携帯画面をみて指を指している

少額から始めるリスティング広告は、どんな状況にでも効果的なわけではありません。例えば短期的なキャンペーンなど、すぐに結果を出さなければいけない状況があったとしましょう。少額の予算だと蓄積できるデータが限られてしまいるため、こういった状況には不向きです。

緊急性のある案件に対応するなら、ある程度予算を確保することをおすすめします。そして一気にデータを収集した方が結果を出すまでの時間を短縮できるからです。

このようにリスティング広告は少額からスタートすれば、低リスクではありますが、スピード感が損なわれます。また時間をかけても少額だと収集できるデータ量も限られてしまうため、リスティング広告を運用する際は、この辺りのデメリットも考慮しなければいけません。

少額でのリスティング広告を成功させるための効果的な手法について

広告効果、広告結果

小額でのリスティング広告を成功させるためには、細かいテクニックを上手く使っていくことが欠かせません。では効果的な手法としてどのようなものがあるのか、見ていきましょう。

プレミアムポジションへ広告を表示させる

プレミアムポジションとは、リスティング広告を検索結果の上位に表示させることです。アドワーズが3位以上。スポンサードサーチ4位以上であれば、通常の検索結果の上に表示さることができます。

しかしそれを実現するためには、ユーザーに有益なリンク先ランディングページを用意することなど、品質スコアも重要になります。品質スコアとは、ランディンングページ、広告、キーワード、これら全ての品質を数値化した指標です。

このプレミムポジションに広告が表示されるようになれば、よりユーザーの目にとまりやすくなり、クリック率の増加が期待できます。また広告の下部に情報を追加できるサイトリンクの設定など、より効果的な機能も活用できるようになるなどのメリットがあります。

動的検索を活用する

動的検索とはGoogle AdWordsの機能ですが、AdWordsのシステムがキーワードを自動で選んでくれる、というものです。また検索結果のタイトルも動的に自動生成されるため、運用としては通常のリスティング広告よりは簡単です。

リスティング広告は通常自分で設定したキーワードが検索された時に限り、広告を表示させるわけですが、それだけだと満足なだけでのアクセスを集められないリスクがあります。

動的検索を補助的に活用すれば、これまでのキーワードで網羅できていなかった検索二―ズにも対応するため、トラフィックや売上の向上が期待できます。

電話番号オプションを活用する

リスティング広告でユーザーから直接電話をかけてもらうことを狙うなら、電話番号オプションも活用しましょう。電話番号オプションとは、検索結果の画面の時点で電話番号のリンクを表示させる機能です。

宅配ピザなど、電話をかけてもらうことが売上げに直結サービスであればオプションとして追加するメリットは大きいといえるでしょう。

少額でのリスティング広告の始め方

では次に、小額でリスティング広告の始め方を見ていきましょう。その手順は以下の通りです。

  1.  まずはアカウントを解説
  2.  キーワードや広告配信地域を設定
  3.  アカウントに支払い情報を登録
  4.  予算を設定して、広告サイトを入稿
  5.  審査結果を待ち
  6.  広告掲載完了

この手順を見ても分かるように、リスティング広告を始めること自体はそこまで難しいことではありません。もちろんランディングページの準備など、プロジェクトは計画的に実施進めることが欠かせませんが、リスティング広告をただ始めるだけであれば難しいことではありません。

最初は予算を少額からスタートさせることを推奨しますが、テストのフェースが終われば、徐々に予算も増やすなど、戦略的にリスティング広告を使うこともできます。

おわりに

PCで広告設定や分析を行う

ここまでリスティング広告について紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。リスティング広告は、比較的簡単にスタートできるものではありますが、成果を出すことも簡単なわけではありません。

キーワードや予算の設定ミスにより、一晩で数十万~百万以上の予算が飛んでしまったという話は、珍しいことではありません。

またリスティング広告で成果を出すためには、キーワードや広告配信地域だけでなく、ランディングページの品質など、あらゆる要素を戦略的に考えて設定することが欠かせません。

これからリスティング広告をスタートさせるなら、自社に必要なデータを蓄積するためにも、まずは少額から始めることをおすすめします。

WEBでのお問い合わせはこちら