検索サイト結果

GDNインタレストカテゴリの上手な活用法

はじめに

検索サイト結果

インターネットで広告を駆使してマーケティング戦略を考えるのであれば、GDNインタレストカテゴリの活用法を理解しておくことは重要です。なぜなら、GDNインタレストカテゴリの上手な活用法を知れば、より最適なGoogleでの広告の出し方が分かるようになるからです。

しかし色々なweb広告をこれまで出してきたければ、GDNインタレストカテゴリについてはよく分からない、という方も多いのではないでしょうか。

本記事では、GDNインタレストカテゴリの上手な活用法について紹介していきます。

GDNインタレストカテゴリとは

ディスプレイ広告

GDNインタレストカテゴリとはGoogleディスプレイネットワークのターゲティングの一つです。そもそもディスプレイ広告とは検索結果画面に表示される広告ではありません。大手ブログサイト内やwebアプリ内の広告枠に表示される広告を意味しています。

GDNとは、グーグルが提携していて、ディスプレイ広告を出すことができるサイトのネットワークを意味しています。GDNに広告を出稿すればGoogleが提携しているサイト内に広告を表示させることができます。GDNインタレストカテゴリの活用法を理解してビジネスに取り入れることができれば、ユーザーの興味や関心に合わせて広告を表示させることができます。

GDNインタレストカテゴリの仕組み

GDNインタレストカテゴリを実際に設定する際は、いくつかのカテゴリで項目を選択します。では順番に、それぞれのカテゴリについて見ていきましょう。

アフィニティカテゴリ

アフィニティカテゴリ画面

アフィニティカテゴリではGoogleが提供しているグルメやスポーツファンなど、特定の見込み客にPRすることができます。この設定はターゲティングが細かく特定されているサービスや商品のPRに効果的です。

またGoogleはこの分類を長期的なユーザーのブログやネットショップへのアクセス動向から判断しています。そのため単純なアンケートによる分類以上に信頼できる見込み客リストだといえるでしょう。

カスタムアフィニティカテゴリ

プレースメントターゲット(手動ターゲット)の画像

カスタムアフィニティカテゴリでは、単語やURLを自分で設定すれば、アプローチするユーザーをGoogleに判断してもらうことができます。この設定は単語だけでなく、URLも設定するため、よりターゲティングにマッチした顧客へアプローチできる可能性があります。

例えば自社のサイトをURLとして指定したとしましょう。そうすれば単語だけでなく自社サイトへの関心もあるユーザー層が、Googleからトピックとして提示されます。この設定は単語だけでなく、URLも設定するため、よりターゲティングにマッチした顧客へアプローチできる可能性があります。

例えば自社のサイトをURLとして指定したとしましょう。そうすれば単語だけでなく自社サイトへの関心もあるユーザー層が、Googleからトピックとして提示されます。

購買意欲の強いユーザー層

GDNインタレストカテゴリの「購買意欲の高いユーザー層」画面

この機能は、ユーザーの最近の検索や閲覧のアクションから、購買ニーズを判断してターゲティングするものです。各カテゴリがGoogleで用意されているため、その中から自社のターゲットにあった購買ニーズを選択します。

例えば「アパレル、アクセサリ」カテゴリであれば、婦人服や時計など項目が細かく設定されています。

GDNインタレストカテゴリを活用するメリット

GDNインタレストカテゴリのメリット

GDNインタレストカテゴリの活用法を理解して上手く使えば、Google広告をさらに効果的に使うことができます。では活用するメリットにはどのようなことがあるのか、順番に見ていきましょう。

メリット1.ユーザーとサービスのマッチングが成功すれば成果につながる

GDNインタレストカテゴリは、アフィニティカテゴリの選択でユーザーとサービスのマッチングが成功すれば、高いコンバージョン率を期待することができます。

例えば話題性のある新作ゲームをプロモーションすることが決定したとします。その際はアフィニティカテゴリの「ゲームファン」を選択すれば、ユーザーの関心と商品がマッチする可能性は高くなります。実際にGDNインタレストカテゴリの活用法として、アフィニティカテゴリを上手く使い成功しているケースもあります。

メリット2.「購買意欲の高いユーザー層」からもターゲティングできる

GDNインタレストカテゴリでは、「購買意欲の高いユーザー層」からもターゲティングできますが、この項目の選択が上手くできた場合も、成果を出せる可能性があります。

例えば旅行会社が自社のツアーを広告として出稿するなら、購買意欲の高いユーザー層の項目で「旅行バッグ」を選択すれば、サービスとユーザーがマッチングする確率は高くなります。旅行バッグの購買意向が強い人であれば、旅行への関心が高い可能性があるからです。

メリット3.配信するサイトをターゲティングすることができる

GDNインタレストカテゴリの活用法としては、配信するサイトをターゲティングできる、というメリットもあります。自動車を販売するのであれば、自動車に関連するサイトを閲覧している人に広告は表示させたいかと思います。このように広告を配信するサイトまでターゲティングできることも大きなメリットの一つです。

GDNインタレストカテゴリの上手な活用法

GDNインタレストカテゴリの活用例

では次に、GDNインタレストカテゴリの上手な活用法について見ていきましょう。

ターゲティングするユーザー像を分析する

前述の「アンフィニティカテゴリ」「カスタムアンフィニティカテゴリ」「購買意欲の高いユーザー層」の設定は、ユーザー像を分析する、という目的意識が欠かせません。しっかりとターゲティングをした上で最適なカテゴリを選んでいきましょう。

アクセス解析を怠らない

アクセス解析で操作するGoogleアナリティクスの画面からもインタレストカテゴリリのデータのチェックが可能です。アクセス解析する場合はこのデータも細かくチェックすることをおすすめします。また、改善するポイントが見つかれば、適宜ターゲティングを変えることを推奨します。

まずはカスタムアンフィニティカテゴリの設定から

アクセス解析を初めてすぐの段階では、参照すべきデータはそこまで多くありません。そんな時は、まずはカスタムアンフィニティカテゴリから設定していきましょう。カスタムアンフィニティカテゴリなら、最低限の情報の入力でGoogleによる選定が自動で実施されるからです。それ以外の設定は後からでも問題はありません。

アンフィニティカテゴリは項目から選ぶだけ

アンフィニティカテゴリを選択する際は、管理画面にある一覧の項目から最適なものを選ぶだけ。設定は簡単ですが、全ての項目をチェックするとそれなりの時間がかかってしまいます。もちろん全てチェックすることによる気づきもあるかもしれませんが、、ある程度想定しているキーワードからチェックしていくことをおすすめします。

どんなユーザーに広告を配信するのかは細かく設定できる

インタレストカテゴリの上手な使い方には、ターゲティングを細かくすることも重要なポイントです。例えば自動車に関心がある人が、自動車関連のネットショップを閲覧している時に広告を出すなど、動的な属性まで設定することができます。

PDCAサイクルを回す

これらのターゲティングを設定した後は、PDCAサイクルを回しながら運用していきましょう。GDNインタレストカテゴリも一般的なリスティング広告と同じように、仮説を立てて検証することが欠かせません。

GDNインタレストカテゴリは各カテゴリの中で最適なものを選んでいく作業となるため、そこまで難しい設定ではありません。しかしGDNインタレストカテゴリを上手に活用するなら、運用がスタートしてからの方が大切です。GDNインタレストカテゴリの活用法としては、仮説と検証を繰り返すことが重要なポイントの一つです。

GDNインタレストカテゴリの成功事例

GDNインタレストカテゴリの活用法を掴んで、キャンペーンを成功させている企業は少なくありません。ここでは、具体的な成功事例を見ていきましょう。

アフィニティカテゴリの設定でキャンペーンの成果獲得に成功

Mazda Canadaの事例

Mazda CanadaはGDNインタレストカテゴリのアフィニティカテゴリの設定で成功しています。選択した顧客層は「ハイテク好き」です。このハイテク好きをターゲットにした広告をテレビで展開し、それとセットにして、GDNインタレストカテゴリでも広告を出稿しました。

その結果として、これまでのキャンペーンの10倍の成果を獲得しています。この成功を機に同社は広告活動として、GDNインタレストカテゴリの活用法として、アフィニティカテゴリを組み込んでいます。

カスタムアフィニティカテゴリの設定で通塾の促進に成功

塾で教わる女子高校生
株式会社Global Assistは個別指導塾を運営する会社です。GDNインタレストカテゴリなど、Google広告の活用で問合せを35%増加させることに成功しています。

学習塾のターゲットは小中学生の子供を持つ保護者層。カスタムアフィニティカテゴリを活用することで、ダイレクトに通塾に関心を持っているユーザーをターゲティングしました。

その結果ユーザーの成果を出すだけでなく、ユーザーの動きを考察することもでき、テレビCMを組み合わせる等、より最適な広告手法を生み出すことに成功しています。

おわりに

Googleディスプレイネットワーク
ここまで紹介してきたように、GDNインタレストカテゴリは活用法を理解して上手く使えば、ニーズがマッチしたユーザーにアプローチをすることができます。

他の広告手法と異なるポイントは、カスタムアフィニティカテゴリであれば、最初の設定をしておけばある程度はGoogleが判断してターゲティングしてくれるところです。

またアプローチするユーザーの世代によってはパソコンよりもスマートフォンを使っているなど、特徴がいくつかあります。そういった細かいターゲティングにも対応できるところが、GDNインタレストカテゴリの活用法としては重要なポイントでもあります。

もちろんスマホユーザーにアプローチするのであれば、スマホ画面のサイト表示の最適化など、広告以外の作業が必要となる可能性があります。スマホに最適化されていないサイトでアプローチをしても効果は期待できないですよね。GDNインタレストカテゴリの導入を検討することは、スマホ表示の最適化など、課題も見つけることにもつながるのです。

成功事例でも紹介したように、GDNインタレストカテゴリを活用することで、発見できるユーザーの動きもあります。GDNインタレストカテゴリの活用は自社にとってより最適なマーケティングを考えることにも役立つといえるでしょう。Google広告をより効果的に活用していきたい場合は、GDNインタレストカテゴリの活用も検討してみてはいかがでしょうか。

WEBでのお問い合わせはこちら